FC2ブログ






パナチタン(FRTC21:2018)の組立

ぱっと見電化製品かのような状態のパナチタンのフレーム。
DSC_2661
DSC_2661 posted by (C)Nicky
いよいよ組み立てます!
基本的には手持ちの部品で組み立てていきます。コンポは5700シリーズの105です。

油汚れを極力避けたかったので作業前に表面保護テープでフレームを保護します。
DSC_2699
DSC_2699 posted by (C)Nicky

それから電蝕防止のため、ホーザンの焼付き防止剤(ASC-1)を準備しました。
DSC_2700
DSC_2700 posted by (C)Nicky

まずはブレーキキャリパーの取付。
DSC_2702
DSC_2702 posted by (C)Nicky
お気に入りの7900デュラエースです。
チタンフレームとカラーが合っていてお気に入り!

ホイールはカンパのZONDAにしました。
そして、固定ローラーに乗せて作業台とします。
DSC_2703
DSC_2703 posted by (C)Nicky

クランクは105です。ちなみにBBは9000デュラエース。
DSC_2704
DSC_2704 posted by (C)Nicky

しっかりトルク管理。
DSC_2705
DSC_2705 posted by (C)Nicky

リアエンドの造形が美しいですねぇ
DSC_2706
DSC_2706 posted by (C)Nicky
クイックはチタンカラーに合わせたいのですが、手持ちがこれしかなかったので、しばらくはこのままいきます。

フロントディレイラーはバンド式の新品を用意しました。
DSC_2709
DSC_2709 posted by (C)Nicky
直付タイプを持っていたのでアダプターを購入してもよかったのですが、なんだか面倒になった&どうせなら新品にするか!ってことで、ここだけ新品です。

ペダルはSPDペダルでアルテグラのものです。
DSC_2710
DSC_2710 posted by (C)Nicky

ステムを取り付けてトルクレンチを使って締めます。
DSC_2711
DSC_2711 posted by (C)Nicky

ハンドルも取付。
DSC_2712
DSC_2712 posted by (C)Nicky

サドルはselle SMPのコンポジット。リミテッドエディションのツートンカラーです。
DSC_2714
DSC_2714 posted by (C)Nicky

105のSTIを取り付け。
DSC_2716
DSC_2716 posted by (C)Nicky
固定ローラーに乗せているので、何度かポジションをチェックして位置決めをしました。

だいぶ形になってきました。
DSC_2717
DSC_2717 posted by (C)Nicky
ワクワクしますね!

105リアディレイラーも取付。
DSC_2718
DSC_2718 posted by (C)Nicky

ワイヤーも通していきます。
DSC_2719
DSC_2719 posted by (C)Nicky

トップキャップはせっかくなのでチタン製にしてみました。
DSC_2720
DSC_2720 posted by (C)Nicky

ピンぼけ…
DSC_2721
DSC_2721 posted by (C)Nicky

ワイヤーはフレームの保護に使った表面保護テープを使ってみました。
DSC_2723
DSC_2723 posted by (C)Nicky
粘着力としてはほぼないため後々剥がす時も糊残りがなく楽ではないかと思います。

チェーンは今となっては貴重な10速デュラエースチェーン。
DSC_2724
DSC_2724 posted by (C)Nicky

長さもうまいこと決まりました。
DSC_2725
DSC_2725 posted by (C)Nicky

リアディレイラーの調整中…
DSC_2726
DSC_2726 posted by (C)Nicky

フロントも調整中…
DSC_2727
DSC_2727 posted by (C)Nicky

ワイヤーははんだ処理しました。
DSC_2728
DSC_2728 posted by (C)Nicky

今回、ワイヤーカッターをパークツールのものに新調しました。
DSC_2729
DSC_2729 posted by (C)Nicky
今まで使っていたホームセンターのものからすると全然違う使い勝手の良さ。切れ味がよくて作業効率がアップ!

ほぼ完成したので、ローラーで試走して各部をチェックしました。
DSC_2730
DSC_2730 posted by (C)Nicky

最後にバーテープを巻いて完成!
DSC_2731
DSC_2731 posted by (C)Nicky
うれしくてピンボケ!
ミラーも安全のためにつけています。

バーエンドにもチタン製のものを使いました。
DSC_2732
DSC_2732 posted by (C)Nicky
なかなかお気に入りです。

ということで、完成です!
DSC_2733
DSC_2733 posted by (C)Nicky
美しい!

ちなみにボトルケージはステンレス製のもの。
DSC_2734
DSC_2734 posted by (C)Nicky
本当はチタン製にしたかったけど、予算の都合で断念しました。見た目には分からないし!

後日、どうしてもステムの角度が気に入らなかったので、6度のものからTNI製の17度のものに変更しました。
DSC_2807
DSC_2807 posted by (C)Nicky

これで、横から見たときにステムが水平に見えます。
DSC_2809
DSC_2809 posted by (C)Nicky
せっかくのホリゾンタルフレームなのでステムは水平のほうが見た目には美しいと個人的には思います。

あとついでにサドルもselle italiaのサドルに変えてみました。
DSC_2811
DSC_2811 posted by (C)Nicky
いつもはselle SMPばかりなのでフラットな座面が合うのかどうかは不安です。
どこにお尻を落ち着けていいのか未だに分かりません。

SP-01シリーズです。
DSC_2812
DSC_2812 posted by (C)Nicky
独特な形ですね!

特にこの部分。
DSC_2813
DSC_2813 posted by (C)Nicky
おかげでサドルバッグは選びます…。

真後ろから。
DSC_2814
DSC_2814 posted by (C)Nicky
ちなみにサドルだけで持つと、この部分はちょっと力を入れれば内側はくっつきます。
この独特な形が振動吸収性を引き出してくれているのかなと思います。


ということで、ついに完成したパナチタン!
とは言え、まだまだ仕事が忙しくてほぼ乗っていません。夏前くらいから本格的に乗ることができると思うので、暑さに負けずに憧れのチタンフレームの乗り味を堪能したいと思います!

スポンサーサイト



[ 2019/05/02 20:29 ] 整備&メンテナンス | TB(0) | CM(0)

ボトルケージ交換【ELITE Cannibal】

先日(というか、去年の夏)、idiomのオーバーホールをしたついでにマドンとidiomのボトルケージを交換しました。

マドンにはボントレガーのカーボン製のものを使っていました。
2018.7ボトルケージ交換1
長年使っていたこともあってけっこう擦れがあります。
すぐすぐ破断するってことはないと思いますが、リフレッシュも兼ねて交換してしまいます。

ついでに、ボルトも左側のものに交換しました。
2018.7ボトルケージ交換2
接地面が広くなるのでしっかり固定できます。ボトルケージの形状によっては使えないかも…。

ということで、さくっと交換。
2018.7ボトルケージ交換3
トルクレンチを使って締めました。
今回は、エリートのカンニバルにしました。

青のボルトがなかなかイイ!
2018.7ボトルケージ交換4

せっかくなので、idiomのも交換します。
2018.7ボトルケージ交換5
交換前も交換後もエリート製です。

やはりマドンと同じくカンニバル。
2018.7ボトルケージ交換6

マドンと同じようにボルトも新調して赤にしました。
2018.7ボトルケージ交換7


で、使用感ですが、なかなかいいですコレ!
エリートらしくしっかりボトルを保持してくれるのはもちろんですが、ある程度斜め方向でも抜き差しできるので、かなり楽です。
走っているときには特にその恩恵を感じることができました。
お気に入りのアイテムとなりました。

一応、メーカーHPはコチラ↓
http://www.riogrande.co.jp/product/node/66135

2018 idiomのオーバーホール&コンピ載せ替え ~組み立て~

【組み立て】(走行距離:1138.1km)

コンポを8速のクラリスからSORA(R3000)へ変更します。

洗浄後のヘッドパーツです。
DSC_2476
DSC_2476 posted by (C)Nicky

ベアリング等にしっかりグリスをぬってフォークに組付けていきます。
DSC_2477
DSC_2477 posted by (C)Nicky

フレームにフォークを取り付けてヘッドパーツも取り付けます。
DSC_2478
DSC_2478 posted by (C)Nicky

DSC_2479
DSC_2479 posted by (C)Nicky

スペーサーはせっかくなので手持ちのカーボン製にしました。
DSC_2480
DSC_2480 posted by (C)Nicky

9速のスプロケです。
DSC_2481
DSC_2481 posted by (C)Nicky
新品なのでピカピカです。

フリーにグリスをぬっておきます。
DSC_2482
DSC_2482 posted by (C)Nicky

作業性向上のため、ホイールを取り付けてスタンドで自立させました。
DSC_2483
DSC_2483 posted by (C)Nicky

BBは7900デュラエースにグレードアップしました。
DSC_2484
DSC_2484 posted by (C)Nicky

取付ねじ部にグリスをぬっておきます。
DSC_2485
DSC_2485 posted by (C)Nicky

7900のBBを取り付けました。
DSC_2486
DSC_2486 posted by (C)Nicky
7900はすでに型遅れですが、個人的にはデザインが好きです。

準備したクランクです。
DSC_2487
DSC_2487 posted by (C)Nicky

取付しました。
DSC_2488
DSC_2488 posted by (C)Nicky
実はこのクランク、歯数は忘れてしまったけど、コンパクトクランクよりさらにコンパクトな歯数のクランクなのです。
これは失敗。試走段階でアウターでもすぐにギアを使い切ってしまうので、すぐにノーマルクランクへ変更しました。

ブレーキは手持ちの105を使います。
DSC_2489
DSC_2489 posted by (C)Nicky
これまでのテクトロキャリパーからすると安心感が桁違いです。
DSC_2490
DSC_2490 posted by (C)Nicky

SORAの新品ディレイラーに7900デュラエースのテンション&ガイドプーリーを使います。
コンポ的には9速と10速の違いがありますが、問題無く使えるうえに変速性能がアップします。
DSC_2491
DSC_2491 posted by (C)Nicky

ディレイラーも取付しました。
DSC_2492
DSC_2492 posted by (C)Nicky

ハンドルまで取り付けてだんだん自転車の形になってきました。
DSC_2493
DSC_2493 posted by (C)Nicky

SORAのSTIです。ディレイラーは比較的安い値段だけどSTIだけはなかなか値が張りますね…。
DSC_2494
DSC_2494 posted by (C)Nicky

最近のケーブルは一昔前のケーブルと違って加工がされているのですね。
DSC_2495
DSC_2495 posted by (C)Nicky

レバーの位置を決めているところです。
DSC_2496
DSC_2496 posted by (C)Nicky

ワイヤーも通してだんだん完成が近づいてきました。
DSC_2497
DSC_2497 posted by (C)Nicky

ちなみにアウターケーブル内にはレスポのチタンスプレーを吹いてあります。
DSC_2498
DSC_2498 posted by (C)Nicky

ペダルを取り付けようと思ったらなんだかジャリジャリした感覚があったので、分解&洗浄しました。
DSC_2499
DSC_2499 posted by (C)Nicky

このidiomはもともとフロントシングルなので、ディレイラーを取り付けるためのブラケットが必要になります。
とりあえず、安心の純正品を近所の自転車屋さんで注文しました。
DSC_2500
DSC_2500 posted by (C)Nicky
予備も考えて2個です。
2個で2,000円だったけど、値段間違ってないのかな??予想以上に安くて助かりました。

ブラケットのおかげで、フロントディレイラーが適正な位置に取り付けできます。
DSC_2501
DSC_2501 posted by (C)Nicky

最近のフロントディレイラーはワイヤーの通し方が変わったんですね。
DSC_2502
DSC_2502 posted by (C)Nicky
全然知らなかった。

とりあえず、無事ワイヤーも通せました。
DSC_2503
DSC_2503 posted by (C)Nicky

チェーンも通しました。
DSC_2505
DSC_2505 posted by (C)Nicky

チェーンが通ったのでディレイラーの調整をします。
DSC_2506
DSC_2506 posted by (C)Nicky

ケーブルは自動車に使うハーネステープを使いました。
後々テープの糊がベタベタになりにくいとのことなのでおすすめです。
DSC_2507
DSC_2507 posted by (C)Nicky

バーテープを巻いて、バックミラーも取り付けました。
DSC_2508
DSC_2508 posted by (C)Nicky
ミラーがあるのとないのでは安心感が違います。

ということで、無事完成しました。
DSC_2511
DSC_2511 posted by (C)Nicky
最後のもう一度洗車してコーティングして完成です。

ついでにクイックもお洒落してみました。
DSC_2512
DSC_2512 posted by (C)Nicky
[ 2019/04/30 20:03 ] 整備&メンテナンス | TB(0) | CM(0)

2018 idiomのオーバーホール&コンピ載せ替え ~分解・洗浄~

2018年7月にidiomのオーバーホール&コンポ載せ替えを行いました。(今更)

【分解&洗浄】(走行距離:1138.1km)

作業前。
DSC_2450
DSC_2450 posted by (C)Nicky

コンポは8速のクラリスから9速のSORAへ変更します。

早速、クランクから取り外しにかかります。
DSC_2451
DSC_2451 posted by (C)Nicky

六角レンチで左側のボルトを抜きます。
DSC_2452
DSC_2452 posted by (C)Nicky

持っててよかったコッタレスクランク抜き。
DSC_2453
DSC_2453 posted by (C)Nicky

けっこう固かったので舐めないか不安になりつつも無事取り外し完了。
DSC_2455
DSC_2455 posted by (C)Nicky

BB出てきました。
DSC_2456
DSC_2456 posted by (C)Nicky

これを使って…
DSC_2457
DSC_2457 posted by (C)Nicky

力いっぱい取り外します。
DSC_2458
DSC_2458 posted by (C)Nicky

ここまでくれば安心。
DSC_2459
DSC_2459 posted by (C)Nicky

ちなみに逆ねじなので時計回りで外れます。
DSC_2460
DSC_2460 posted by (C)Nicky

取り外したBBです。
DSC_2461
DSC_2461 posted by (C)Nicky
BBは変更するので再利用はしません。

BBシェル内部です。
DSC_2462
DSC_2462 posted by (C)Nicky
後からきれいに掃除します。

ハンドル回りもどんどん外していきます。
DSC_2465
DSC_2465 posted by (C)Nicky

DSC_2466
DSC_2466 posted by (C)Nicky

ヘッドパーツ回りも外していきます。
DSC_2467
DSC_2467 posted by (C)Nicky

DSC_2468
DSC_2468 posted by (C)Nicky

ここまできたらフォークを抜きます。
DSC_2469
DSC_2469 posted by (C)Nicky

ヘッドパーツです。
DSC_2470
DSC_2470 posted by (C)Nicky

ということで、パーツの取り外しが完了!
DSC_2471
DSC_2471 posted by (C)Nicky
ずいぶんと身軽になりました。

再利用する部品も含めてすべてきれいに洗います。
DSC_2472
DSC_2472 posted by (C)Nicky

洗浄に使ったものです。
DSC_2473
DSC_2473 posted by (C)Nicky

フレームはコンプレッサーのエアーを使って水分を飛ばした後、しばらく干しておきました。
DSC_2474
DSC_2474 posted by (C)Nicky

フレームはコーティングまで済ませてあります。
DSC_2475
DSC_2475 posted by (C)Nicky

洗浄後のベアリング類です。
DSC_2476
DSC_2476 posted by (C)Nicky
[ 2019/04/30 19:27 ] 整備&メンテナンス | TB(0) | CM(0)

ニューフレーム到着

先月しれっと注文していたフレームがお店に到着し、検品やらなんやらが済んだとのことで取りに行ってきました!
いろいろ話を聞いて帰宅。
2018.10.31パナチタン1
分からない人が見たらテレビを買ったかのよう…。
(このネタを言いたかったので、段ボールを持って帰ったといっても過言ではない)

ということで、お披露目!
2018.10.31パナチタン2
パナチタン(FRTC21)です。
真っ先にバリアスコートでコーティングしておきました。
マドンのポジションに合わせてコラムカット済みです。
そして、BBシェルもチェックしてもらいBBも取り付けしてもらいました。
新品フレームだからこそ大事な作業。助かります。これで安心!

前々から欲しかったチタンフレーム。
とうとう手に入れました(^^)
2018.10.31パナチタン3

あぁ、美しい…
2018.10.31パナチタン4
組まずにこのまま眺めていたいですねぇ…

溶接のところ。
2018.10.31パナチタン5
この溶接跡もカーボンフレームにはない魅力かもしれません。

ダウンチューブのロゴのところ。
2018.10.31パナチタン6
うまく写真撮るのが難しい。
ロゴが主張しすぎないところがお洒落。

ネームにはNickyと入れてもらいました。
2018.10.31パナチタン7

ちなみにフレームカラーはサンドブラスト。
いろいろカラーが選べるけど、ここはすっきりシンプルに仕上げたかったのでサンドブラストにしました。
まぁ、カラーリングにかける予算もなかったし…。

そのまま飾って眺めていたいくらいですが、のんびり組んでいきたいと思います。
ごちゃごちゃさせずシンプルに組んでいきたいと思います♪
9月26日くらいにオーダーして約一ヶ月で届きました。
楽しみすぎてその間フレームが届く夢を3回くらい見ました。

今回お世話になったお店は宮崎市福島町にある『HINOサイクル』さん。
http://hino-cycle.o.oo7.jp/
コミュ障な私にもフレンドリーに対応してくれるので、居心地のいいお店です。
ぜひ、ふらっと立ち寄ってみてください(^^)
[ 2018/10/31 16:09 ] パナチタンFRTC21(2018) | TB(0) | CM(0)