スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

idiom号でGo

せっかくidiom号を買ったので青島太平洋マラソンが行われた12月11日にちょっと乗ってきました。
といっても、体力落ちてるのは身をもってわかっているので、いつものリハビリコース。
久々に体を動かすのは気持ちいい!
DSC_1568.jpg
この日は12月だっていうのに、気温は15度くらいまで上がっていて、寒くもなく程よい気温でした。
無理せず、のんびりペースで走りました。

乗ってみると分かるけど、ステムをもうちょい長いものに変えないとちょっと窮屈…。
DSC_1570.jpg

idiomは純正フラットペダルのままなんで、ランニングシューズで走ってます。
DSC_1571.jpg
クリートを気にしなくていいのは何気に快適。

天気がよかったので、海の方を通ってみました。
DSC_1572.jpg
久々にみるいい景色。

いつものところで休憩。
薄皮アンパン復活!
DSC_1574.jpg

逆光。
DSC_1576.jpg
ほんとにいい天気。軽く休憩して帰宅。
あんぱんとリアルゴールドがうまかった!

久々に乗ったらやはり楽しかった。
思っていたより体力は落ちていなかったけど、脚だけがどうしてもダメ。
帰りは全然いうことを聞いてくれませんでした。こんなにも脚力が落ちるなんて…。

帰ってから知ったけど、この日行われた青島太平洋マラソンのトップの人がフルを2時間24分くらいで走ったらしい。
33kmを2時間半くらいかかったんだけど…自転車で走ってるのに負けたわw
スポンサーサイト
[ 2016/12/22 23:34 ] GIANT idiom2(2016) | TB(0) | CM(0)

勢いでミニベロ買った

先日、大手スポーツ量販店のセールのはがきが来ていたので、自転車を見に行ってみたらついつい買ってしまいました。

DSC_1485.jpg
GIANTのidiom2(2016)です。
DSC_1487.jpg
会員価格で20%オフだったのですよ、ついついね…。
ミニベロはたしか4年くらい前から乗ってみたいと思っていたのでちょうどいい機会でした。

idiomシリーズでは一番下のグレードなんで、フロントは48tのシングル。
リアは8速です。
DSC_1486.jpg
一つ上のidiom2ではフロント2速×リア9速で、さらにフレームは白で青パーツが使われているという、なかなか好みの仕様だったのですが、価格が上がるのと、どうせ手を加えたくなるからという理由で比較的安価なidiom2になりました。店頭在庫もあって即納だったし。
黒フレームは汚れが目立たないのがいいですね~。

ハンドルのグリップがGIANTだらけでよく見ると気持ち悪いですねw
DSC_1488.jpg

折りたたみステムが採用されています。
DSC_1489.jpg

骨折!
DSC_1490.jpg
坂上るときとかにギシギシいわないか不安ですね。

本格的に乗る前に、ちょっと自分なりに整備しました。
整備後の納車とはいえ、やはり量販店。工場出荷状態からとりあえず変速とブレーキができますよ!的な感じでした。
一番???だったのはホイールの玉押し調整。
DSC_1492.jpg
ゴリゴリというより、ゴリッゴリッでした。新品でまだアタリがついていないとかいうレベルではなかったので、前後とも調整しました。とはいえ、玉押し調整は苦手。でも、明らかに当初よりかは改善されました。
それから、スプロケもはずして、フリーボディにグリスをぬりぬり…。
その他可動部に注油。ワイヤーガイドや錆がきそうなところにもうっすらと注油。

注油のあとはフレームにコーティング。
DSC_1493.jpg

前後ライト、バーエンドバー、サドルバッグをつけて完成です。
DSC_1494.jpg

いつもはフロントホイールを外していたバイクラックもミニベロだとそのままでOKでした。
DSC_1495.jpg

価格の割には公表重量は9.5kgとなかなか頑張っている重量だし、いろいろと便利に使えそうです♪
せっかく買ったのでどんどん乗らないといけませんね!

ちょうど赤のバルブキャップが余っていたので、使ってみました。
DSC_1498.jpg


長くなったので、乗ってみた感想とかはまた後日…。
[ 2016/11/11 23:18 ] GIANT idiom2(2016) | TB(0) | CM(0)

家族が増えたり

久々の投稿。

8月17日に第二子が誕生しました。
DSC_1288.jpg
3,602gとなかなか大きい子。
上の子が2,642gで産まれたので全然大きさがちがくてびっくり!
DSC_1403.jpg
とてもかわいい男の子です。
すくすく育ってはや2ヶ月。あっという間です。

その後、バンドの15周年ライブをやりました。
DSC_1316.jpg
でっかい花をもらったり、多くのお客さんがきてくれました。
DSC_1310.jpg
この日の為にシンバルやらスネアやら買い足しました。
DSC_1309.jpg
楽しいライブでした!
DSC_1329.jpg

そんなこんなで楽器が増えすぎて大変なことになってしまったので、メタルラックで楽器整理をしてすっきり!
DSC_1440.jpg

娘とは一緒に動物園に行ったり、今まで以上に一緒に過ごす時間が増えて娘のことを見る機会が増えたと思います。
DSC_1357.jpg
保育園のお帳面だって書くようになりましたw
あと髪の毛を二つ結びできるようになりました!

ちなみにマドンはいま輪行バッグにいれて実家で保管しています。
DSC_1439.jpg
いままでどおり自分のところにおいててもいいけど、乗る時間が確保できないことと埃をかぶってしまうことが嫌だったので。
埃は水分を寄せ付けたりとあまりいいことはありません。
でも、たまには半日くらい乗ろうかと思っています。
ルイガノのクロスは足として割と便利なので、自分のところに置いています。マドンを実家に置いたので、室内保管へと昇格できました。おかげで錆とかの被害を受けません!

自分の時間はずいぶんと減ってしまったけど、それなりにうまいこと楽しんでいるつもりです。
DSC_1441.jpg

でも、睡眠時間を削りすぎたのか昨日熱出して寝込んで、今日は仕事休みました。ゆっくり休んだら一気に回復してヒマ(^^;
季節の変わり目だし、気をつけんとダメですね。


最後に息子のアンパンマン巻。
DSC_1446.jpg
[ 2016/10/26 15:47 ] 日記(その他) | TB(0) | CM(4)

ヘッドライト ウレタンクリア塗装【塗装編】

~下地編からのつづき~

今回塗装に使ったのはこれです。
ライト塗装1
ライト塗装1 posted by (C)Nicky
ウレタンクリアー高い…

塗装前の状態です。
ライト下地12
ライト下地12 posted by (C)Nicky

さて、塗装に入りましょう!

1回目
ライト塗装2
ライト塗装2 posted by (C)Nicky
一回目は薄めに塗りました。
1回目にして塗装前にすりガラスのような感じではなくなりました。
それよりなにより塗料の飛散がすごい!
車庫内がモクモクになってしまいました。
PM2.5対応のスポーツマスク&メガネ装着で塗装しました。

2回目
ライト塗装3
ライト塗装3 posted by (C)Nicky
2回目も薄めに塗っています。

3回目
ライト塗装4
ライト塗装4 posted by (C)Nicky
3回目からは厚目に塗っています。
こ、れ、は…!いきなりきれいになってきた!テンション上がります。

4回目
ライト塗装5
ライト塗装5 posted by (C)Nicky
やはり厚目。回数を重ねるごとにきれいになってくるので、テンションも上がります。
きれいになってきたせいで、カメラを構える姿が反射しています。

5回目
ライト塗装6
ライト塗装6 posted by (C)Nicky
またまた厚目。
ウレタンクリアーは一回で使い切りになってしまうため、このスプレー一本全てをシビックに使うことにしました。

6回目
ライト塗装7
ライト塗装7 posted by (C)Nicky
厚目。ちなみに一度に厚くしすぎるとそこだけ少し白くなります。白くなっても、すぐ透明になりますが、念のため白くなる直前を目安に塗りました。やり直すのはめんどくさいので。

7回目
ライト塗装8
ライト塗装8 posted by (C)Nicky
厚目。
10分後、マスキングを剥がしました。
あと一回は重ね塗りできそうでしたが塗料が減ってきたのを感じたので、ここでストップ。スプレー缶塗料はなくなってくると粒が大きくなってくるので、そのまま使い続けると塗装面がちょっと荒れます。後々の作業を楽にするため、早めに切り上げます。荒れた塗装面を整えるのは面倒です。といっても、ウレタンクリアーは初めて使うのでどうなのかは知りません。

重ね塗りの合間は、毎回8分間の乾燥時間を取っています。説明書きには10分の乾燥時間を取ってくださいとあったけど、この日は暑い日だったので早く作業を終わらせたかったので、8分にしました。
この乾燥時間を待つ間、ボーっと缶スプレーをカラカラ振り続けていたら筋肉痛になりました。

無事に作業が終わりました。
ライト塗装9
ライト塗装9 posted by (C)Nicky
我ながら満足できる仕上がりになりました。

ちなみに顔を近づけてよ~く見ると塗装したんだな~というは分かります。
ライト塗装10
ライト塗装10 posted by (C)Nicky
約1週間様子を見てから、コンパウンドで仕上げるかを検討したいと思います。
ちなみに3日経過した時点では、別にコンパウンドで仕上げなくてもいいかなと思える程度にきれいです。

せっかくヘッドライトがきれいになったので、洗車してさっぱりしたいところですが、さすがにこの日は我慢!

新旧比較してみます。

作業前。
ライト下地1
ライト下地1 posted by (C)Nicky
作業後。
ライト塗装10
ライト塗装10 posted by (C)Nicky

写真並べてみると、やはり違います。

時間は途中昼ごはんをはさんで約6時間かかっています。
長時間になってしまうけど、クリアを重ね塗りするたびに、きれいになっていくヘッドライトを見ているとうれしくてテンションが上がるので、意外と楽しかったです。
ヘッドライトの黄ばみは車の印象も変わるので、きれいさっぱりできて、愛着もさらに湧きました。
車に乗り降りするときにわざわざヘッドライトを見に行ってしまいます。
素人塗装&缶スプレーでここまで仕上がれば充分!というところまでできたと自己満足しています。
あとは耐久性。ウレタンクリアー塗装して、2年程経過しても問題無いという人もいたので、けっこう期待しています。
ここは月日とともにレポしたいと思います。

最後に今回準備したもの。
・ウレタンクリアースプレー 1本
・紙やすり #800 #1000 #1200 #1500 各1枚
・養生テープ 細・太 各1本
・養生テープとビニールが一緒になってるやつ 1本

ウレタンクリアースプレーは1本でヘッドライト4個は塗装できると思います。
私はがっつり塗りたかったのでほぼ1本使いきりました。

あ~久々の塗装楽しかった。


~おしまい~
[ 2016/07/30 00:17 ] civic typeR (EP3) | TB(0) | CM(0)

ヘッドライト ウレタンクリア塗装【下地編】

昨年11月に衝動買いしたシビック。
DSC_0625.jpg

年式相応にヘッドライトがくたびれてきたので一気にリフレッシュすることにしました。
ライト下地1
ライト下地1 posted by (C)Nicky
洗車の際に市販のヘッドライト磨きで手入れはしていたけど、その場しのぎにしかなりません。
ライト下地2
ライト下地2 posted by (C)Nicky
ヘッドライト表面のハードコーティングも剥がれ気味。
ライト下地3
ライト下地3 posted by (C)Nicky
ヘッドライトを交換するお金はないし、久々にDIYしたいので、ハードコーティングを削り取って、ウレタンクリアーにて塗装することにしました。

さっそく作業開始!
まずは、ヘッドライト周辺をマスキング。
ライト下地4
ライト下地4 posted by (C)Nicky
紙やすりで削るのでライト以外を削らないように(^^;

水をたっぷりつけて#800からスタート!
ライト下地5
ライト下地5 posted by (C)Nicky

噂の黄色い汁が出てきました。
ライト下地6
ライト下地6 posted by (C)Nicky
作業中は水を絶やさぬよう注意します。

黄色い汁が白い汁に変わったら#800は終了。
ライト下地7
ライト下地7 posted by (C)Nicky
この後は#1000→#1200→#1500と順番に同じ作業を繰り返します。

#1200が終わったところです。
ライト下地8
ライト下地8 posted by (C)Nicky
こうなると後には戻れません。前に進むのみ!

#1500までおわりました。
ライト下地9
ライト下地9 posted by (C)Nicky

マスキング剥がして乾いたところです。
ライト下地10
ライト下地10 posted by (C)Nicky
すりガラス状態で不安しかない。

塗料の敵である油分を落とすために台所用洗剤で洗います。
ライト下地11
ライト下地11 posted by (C)Nicky
なんとなくジョイ。

洗いました。
ライト下地12
ライト下地12 posted by (C)Nicky
暑い日だったのですぐ乾きます。
やっぱりすりガラスで不安しかない。

紙やすりをかける際、最終的な傷の方向は統一してみました。
ライト下地13
ライト下地13 posted by (C)Nicky
意味があるのかは分かりません。気持ちの問題です。

またまたマスキング。
ライト下地14
ライト下地14 posted by (C)Nicky

ボディにも。
ライト下地15
ライト下地15 posted by (C)Nicky
リアタイヤ付近まで養生しています。
ウレタンクリアー塗料の飛散はすごいので、ボディ全体を養生すればよかったかなと後から思いました。
ウレタンクリアーの飛散をなめていました。

念のため、パーツクリーナーをキッチンペーパーに吹き付けてライトを吹き上げました。
ライト下地16
ライト下地16 posted by (C)Nicky

さらにエアーでライトを一吹き。
ライト下地17
ライト下地17 posted by (C)Nicky
何年か振りにコンプレッサーを動かしました。

ちなみに、紙やすりは最終的に#1500でやめています。いろいろ調べてみると#2000までいって、さらにコンパウンドをかけている人も多々いました。
個人的には#1500でやめてたほうが、塗装の食いつきがいいと思っているので、さらなる磨きはあえてやっていません。
でも、プロではないのでどれが正しいのかは分かりません。DIYなんで自分で納得できるやり方をやってみることにしました。

ということで、長くなったので、【塗装編】へ続きます。
[ 2016/07/29 23:25 ] civic typeR (EP3) | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。