スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ワイヤー先端のはんだ処理

マドンのオーバーホールをしたときにワイヤーの先端をはんだ付けしておきました。
2017.12.20はんだ処理1

まずはワイヤー油分をパーツクリーナーできれいに落とします。
2017.12.20はんだ処理2

今回使うのはステンレスワイヤー用のはんだとステンレス用のフラックスです。
2017.12.20はんだ処理3
フラックスは強酸性なので要注意です。

はんだ付けしたいところにはんだを巻き付けます。
2017.12.20はんだ処理4
はんだを無駄に使ってしまいますが、このやり方がいままでで一番うまくできました。

はんだを巻いた部分とその周辺にフラックスをよく浸します。
2017.12.20はんだ処理5


はんだごてでジュッといきます。
2017.12.20はんだ処理6

余分なはんだは下に落ちてワイヤーにはんだがのりました。
2017.12.20はんだ処理7
作業するときは床を汚さないように何か敷いておきます。

この状態でワイヤーをカットすれば先端がほつれることもありません。
2017.12.20はんだ処理8

しつこくもう一回。
2017.12.20はんだ処理9

できました。美しいですw
2017.12.20はんだ処理10

仕上げにオイルを塗ってワイヤー表面の保護をします。
2017.12.20はんだ処理12

フロントディレイラーのワイヤーもはんだ付けしました。
2017.12.20はんだ処理13
余分なはんだがフレーム等に落ちないよう気を付けます。

全てのワイヤーにはんだ付けをしました。
2017.12.20はんだ処理14
この後エンドキャップを付けて完成です。
スポンサーサイト
[ 2018/03/08 12:55 ] 整備&メンテナンス | TB(0) | CM(0)

2017 マドンのオーバーホール まとめ【備忘録】

2017年11月~12月に実施。
走行距離:5262.5km

DSC_2212
DSC_2212 posted by (C)Nicky

【BB90】
DSC_2214
DSC_2214 posted by (C)Nicky
http://nickybanjax.blog.fc2.com/category14-2.html#entry367

【フォーク、ヘッドパーツ】
DSC_2233
DSC_2233 posted by (C)Nicky
http://nickybanjax.blog.fc2.com/category14-1.html#entry368

【フレーム】
DSC_2245
DSC_2245 posted by (C)Nicky
http://nickybanjax.blog.fc2.com/category14-1.html#entry369

【ディレイラー、クイック、ペダル、ブレーキ】
DSC_2253
DSC_2253 posted by (C)Nicky
http://nickybanjax.blog.fc2.com/category14-1.html#entry370

【クランク、スプロケット、チェーン】
DSC_2265
DSC_2265 posted by (C)Nicky
http://nickybanjax.blog.fc2.com/category14-1.html#entry371

【リアホイール、フリー、シートマスト】
DSC_2274
DSC_2274 posted by (C)Nicky
http://nickybanjax.blog.fc2.com/category14-1.html#entry372

【STIレバー】
DSC_2284
DSC_2284 posted by (C)Nicky
http://nickybanjax.blog.fc2.com/category14-0.html#entry373

【ハンドルの塗装】
DSC_2319
DSC_2319 posted by (C)Nicky
http://nickybanjax.blog.fc2.com/category14-0.html#entry374

【パーツの取付】
DSC_2325
DSC_2325 posted by (C)Nicky
http://nickybanjax.blog.fc2.com/category14-0.html#entry375

【ワイヤー、その他の仕上げ】
DSC_2326
DSC_2326 posted by (C)Nicky
http://nickybanjax.blog.fc2.com/category14-0.html#entry376

【BR-7900取付】
DSC_2364
DSC_2364 posted by (C)Nicky
http://nickybanjax.blog.fc2.com/blog-entry-377.html

【プレッシャーアンカー交換】
DSC_2394
DSC_2394 posted by (C)Nicky
http://nickybanjax.blog.fc2.com/category14-0.html#entry378


完成
DSC_2383
DSC_2383 posted by (C)Nicky

DSC_2384
DSC_2384 posted by (C)Nicky
[ 2018/01/08 13:35 ] 整備&メンテナンス | TB(0) | CM(0)

オーバーホールついでにプレッシャーアンカー交換

今回のオーバーホールついでにプレシャーアンカーも交換することにしました。

交換するのは『ヒラメ プレッシャープラグ』です。
DSC_2386
DSC_2386 posted by (C)Nicky

交換する前にバラしてみました。
DSC_2387
DSC_2387 posted by (C)Nicky

使う前に全体にグリスをぬっておきます。
DSC_2388
DSC_2388 posted by (C)Nicky
もちろん固定部であるギザギザのとことには塗りません。

グリスもぬって交換準備ができました。
DSC_2389
DSC_2389 posted by (C)Nicky

ボントレガーのヘッドキャップを外します。
DSC_2390
DSC_2390 posted by (C)Nicky

純正のプレッシャーアンカーがでてきました。
DSC_2391
DSC_2391 posted by (C)Nicky
内部に落ち難い形状です。

外しました。
DSC_2392
DSC_2392 posted by (C)Nicky

取付部をきれいに掃除して、tacxのコンパウンドを塗っておきます。
DSC_2393
DSC_2393 posted by (C)Nicky

説明書通りに取付して、トルクレンチにて本締め。
DSC_2394
DSC_2394 posted by (C)Nicky

できました。
DSC_2395
DSC_2395 posted by (C)Nicky

新しいトップキャップをつけて完成です。
DSC_2397
DSC_2397 posted by (C)Nicky
実は、このトップキャップをつけたいというだけで、今回の作業を行いました。
トップキャップの裏側が純正のプレッシャーアンカーに当たってとりつけができなかったので、ヒラメの物に交換しました。

ということで、オーバーホールついでの作業も全て終わって完成です。
DSC_2384
DSC_2384 posted by (C)Nicky
[ 2018/01/07 10:48 ] 整備&メンテナンス | TB(0) | CM(0)

2017 マドンのオーバーホール 【ワイヤー、その他仕上げ編】

いよいよマドンのオーバーホールも終わりに近づいてきました。

DSC_2325
DSC_2325 posted by (C)Nicky
ハンドルとSTIレバーの位置が決まったので、次はアウターワイヤーの長さを決めます。
今回、ステム長も変わりハンドルの角度も変わっているためアウターも全て新調することにしました。
DSC_2326
DSC_2326 posted by (C)Nicky
そろそろワイヤーカッターをもうちょいいいものに変えようかな。

カットしたアウターワイヤーの先端です。
DSC_2327
DSC_2327 posted by (C)Nicky
潰れてしまっているので形を整えて、ヤスリで断面を整えてあげます。
DSC_2328
DSC_2328 posted by (C)Nicky

レスポのチタンスプレーをアウター内にふいてみました。
DSC_2329
DSC_2329 posted by (C)Nicky

アウターワイヤーを取り付けて、今度はインナーワイヤーです。
タイコの部分にはグリスを塗っておきます。
DSC_2330
DSC_2330 posted by (C)Nicky

基本的にケーブルガイドをフレームに通してあるのでインナーケーブルは比較的楽に通すことができます。
リアブレーキのワイヤーだけは、ガイドを通していません。
とはいえ、難しい作業はなく細い六角レンチでワイヤーを拾ってあげるだけです。ケーブルガイドも必要ありません。
DSC_2331
DSC_2331 posted by (C)Nicky
どうでもいいけど、私はアーレンキーと呼ぶのに馴染みがないので六角レンチと呼ぶ派です。

通したワイヤーは仮止めしておき、とりあえず巻いておきます。
DSC_2333
DSC_2333 posted by (C)Nicky

アルテグラのSTI(ST-6700)はこのように下からワイヤーを通します。(と書いておかないと忘れる)
タイコにはグリスを塗っています。
DSC_2334
DSC_2334 posted by (C)Nicky
この時ケーブルが通るべきところをしっかり通っていないとSTIが正常に機能しません。

ディレイラーのワイヤーも仮止めして巻いておきます。
DSC_2336
DSC_2336 posted by (C)Nicky

チェーンを通しておかないと変速調整ができないので、そろそろチェーンを通しておきましょう。
DSC_2337
DSC_2337 posted by (C)Nicky

ミッシングリンクの向きのはチェーンステーの上にあるときに文字が正方向になるようにします。
DSC_2338
DSC_2338 posted by (C)Nicky

チェーンの向きも同じくチェーンステーの上にでDURA-ACEの文字が正方向になるようにします。
DSC_2339
DSC_2339 posted by (C)Nicky
チェーンも通ったので、しっかり注油をしておきました。

バーテープを巻く前にハンドルにワイヤーを固定するために3Mの表面保護テープを使います。
DSC_2340
DSC_2340 posted by (C)Nicky
今回初めて使いましたが、粘着力はほんのちょっとしか無いのですね。マットカラーのマドンには使えません。

下手くそになってしまいましたが、バーテープを巻くので気にしないことにします…
DSC_2341
DSC_2341 posted by (C)Nicky

正面から見たところです。
DSC_2342
DSC_2342 posted by (C)Nicky
苦手なアウターワイヤーの長さ決めも割とうまくいったのではないかと思っています。
保護テープはフラット部分にしか使っていません。バーテープの両面テープを使う予定がないので、ここだけで十分です。

バーテープはどれにするか悩みましたが、フィジークのものにしてみました。数年前に使ったことがあります。
DSC_2343
DSC_2343 posted by (C)Nicky
正直なところ、巻き終わってみれば、いつも使っているコルクタイプのものが巻く作業と握った感触は好みでした…。

私はステム側からバーテープを巻く派です。
DSC_2344
DSC_2344 posted by (C)Nicky
ドロップ側から巻くのと違って巻き終わり化粧テープを必要としないので見た目がスッキリします。巻き終わりの化粧テープは苦手なので一石二鳥です。
床が整理されてなくて汚い…

無事ワイヤーもチェーンも通ったので、ディレイラーの調整をしておきます。
DSC_2346
DSC_2346 posted by (C)Nicky
個人的にはリアよりフロントの方が時間がかかります。
何度も微調整をして納得できるところまで調整できました。

同じようにリアディレイラーも調整完了です。
DSC_2347
DSC_2347 posted by (C)Nicky

無事に調整も終わり、ついに完成です!
DSC_2345
DSC_2345 posted by (C)Nicky
ちなみにインナーワイヤーはまだ巻いたままです。
フロントはアウター、リアはローにしてワイヤーを張った状態を数日放置しました。
ワイヤーを張った状態にすることで馴染ませているつもりです。
数日後の再度ディレイラーの調整を行って、ワイヤーをカットします。

仕事の合間に少しずつ作業をしていたので、結局完成までに一ヶ月近くかかってしまいました。集中すれば一週間もかからないような気がします。
時間はかかってしまったけど、いろいろと作業している時間は楽しく、完成するのがちょっと寂しい気もしていました。
とはいえやはり完成はうれしいですね!

長々と続いたオーバーホールネタですが、番外編ネタがあるのでもうちょい引っ張ります。
[ 2018/01/01 22:35 ] 整備&メンテナンス | TB(0) | CM(0)

2017 マドンのオーバーホール 【パーツの取付編】

パーツの洗浄&注油は終わりましたので、いよいよ組み立てに入ります。

まずはフォークから。
ベアリングがくるところにグリスをぬります。
DSC_2292
DSC_2292 posted by (C)Nicky

ベアリングにもグリスをぬっておきます。
DSC_2293
DSC_2293 posted by (C)Nicky

ベアリングを取り付けました。
DSC_2294
DSC_2294 posted by (C)Nicky

上のベアリングがくるフレーム側にもグリスをぬります。
DSC_2295
DSC_2295 posted by (C)Nicky

グリスをぬったベアリングを取り付けて、フレームにフォークを取り付けます。
DSC_2296
DSC_2296 posted by (C)Nicky

ステム等も取り付けました。
DSC_2297
DSC_2297 posted by (C)Nicky
締める順番はトップキャップ→ステムです。

スペーサータイプのベルも付けました。
DSC_2298
DSC_2298 posted by (C)Nicky
スペーサーに青カーボンを使ってみたけど、ちょっと派手すぎたかも…。

ブレーキ取付
DSC_2299
DSC_2299 posted by (C)Nicky
基本的には仮組で、本締めは後からやります。

ホイールを履かせてようやくメンテスタンドへ。
DSC_2300
DSC_2300 posted by (C)Nicky

BBのベアリングにもグリスをぬります。
DSC_2301
DSC_2301 posted by (C)Nicky
この後、赤のシールで蓋をします。

クランクを取り付けて、クランクキャップを締めます。
DSC_2302
DSC_2302 posted by (C)Nicky

キャップを締めたらボルトを締めてトルクのチェック。
DSC_2303
DSC_2303 posted by (C)Nicky

フロントディレイラーとチェーンキャッチャーを取り付けます。
DSC_2304
DSC_2304 posted by (C)Nicky

リアディレイラーを取り付けます。
DSC_2305
DSC_2305 posted by (C)Nicky

シートマストはtacxの滑り止めを塗ってから取り付けます。
DSC_2306
DSC_2306 posted by (C)Nicky

サドルも取り付けました。
DSC_2307
DSC_2307 posted by (C)Nicky
サドルの前後位置はテープで目印をつけおきました。角度は水平です。

ハンドルも取り付けました。
DSC_2308
DSC_2308 posted by (C)Nicky
ハンドルは固定ローラーにて何度も握って角度を確認しました。

ペダルを取り付けました。
DSC_2310
DSC_2310 posted by (C)Nicky

STIレバーも取り付けました。
DSC_2325
DSC_2325 posted by (C)Nicky
レバーもハンドル同様、固定ローラーにて何度も握って感覚を確かめ位置を調整しました。

今回のオーバーホールはポジションの確認も兼ねていたので、ハンドル周りは何度も確認して角度等を決めました。
ちなみにステムの長さも変えました。
おかげで今までと比較してより自然な姿勢で乗れるようになったと感じています。

長くなったので、ワイヤー類は次回へ…
[ 2017/12/29 21:15 ] 整備&メンテナンス | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。