IDIOMにサスペンションステム

ドロップハンドル化したIDIOM。
カーボンフレームのマドンと比較するとどうしても突き上げ感が気になってしまったので、対策することにしました。
2017.8.17IDIOM試走7


使ったのはこちら。
DSCN0161
DSCN0161 posted by (C)Nicky
Redshift(レッドシフト)の衝撃吸収ステム【Shockstop】です。

交換用のエストラマーも買っておいたのに、開封したらまさかの入っていたというオチ。
DSCN0162
DSCN0162 posted by (C)Nicky

さっそく交換します。
DSCN0163
DSCN0163 posted by (C)Nicky
今までのはアルミ&カーボンのステムです。

ハンドルを外しました。
DSCN0164
DSCN0164 posted by (C)Nicky

とりあえず、重さをはかってみました。
DSCN0165
DSCN0165 posted by (C)Nicky
284gとステムとしては重量級です。
とても快適なステムだけど、マドンに使うかここで悩みます…。

中に衝撃吸収の為のエストラマーが入っています。
DSCN0172
DSCN0172 posted by (C)Nicky
体重に合わせて組み合わせを決めます。
あとは乗ってみて好みの固さに変更してしまえばよいと思います。

規定トルクで締め付け。
DSCN0174
DSCN0174 posted by (C)Nicky

完成!
DSCN0175
DSCN0175 posted by (C)Nicky

特に難しい作業ではありません。
DSCN0176
DSCN0176 posted by (C)Nicky

近所を試走して、わざと大きめの段差を走ってみたりしました。
今までにない感覚でステムがウネウネと衝撃を吸収してくれます!
この感覚がまた面白い!
ブラケットをもって走ると特に体感することができると思います。これは体にかかる負担は激減すると思いました。
アルミステムのマドンに乗ってみるとその違いはよく分かります。ステム固い!と感じてしまいました。
ちなみにダンシングとかしても特に力が逃げるような感覚はなかったので、この辺は問題ないと思います。

気になっていた突き上げが見事に解消されました♪

デメリットはお値段と重量だけですね…。
スポンサーサイト
[ 2017/11/19 11:16 ] GIANT idiom2(2016) | TB(0) | CM(0)

IDIOM、ドロップハンドル化後の試走

先日、ドロップハンドル化したIDIOM。
通勤等も含めて何度か試走してきました。
2017.8.17IDIOM試走1

新型クラリスR2000シリーズもなかなか操作性が良かったです。
2017.8.17IDIOM試走3
さすがにマドンに搭載しているアルテグラには及ばないけど、グレードと価格を考えれば十分!
でも、シフトダウンするとき、レバーをけっこう押し込まないといけないので、そこがちょっと気になるところですね。

ディズナのバンディーバーはかなりのコンパクトハンドルなのでブラケットポジションからドロップ部分に姿勢を変えてもそこまで違和感はありません。
2017.8.17IDIOM試走2

走り出したすぐ感じたのは今まで窮屈だと思っていたポジションが適正化されてずいぶんと乗りやすくなりました。
やはり個人的にフラットバーよりドロップハンドルが好きだなと感じました。
あとは乗りながらハンドルの角度とかを検討してみたいと思います。

試走した日もなかなかの猛暑日。
2017.8.17IDIOM試走4
日陰のサイクリングロードはいいけど、松林を抜けると一気に暑さに襲われます。

ローアングルから撮影してみました。
2017.8.17IDIOM試走5
日差しが強いので、さっさと移動します。

いつもは素通りする池を眺めてみると、コイと亀がいました。
2017.8.17IDIOM試走6
こっちによって来るところをみると誰かが餌やりをしているのかもしれませんね。

なんとなく撮影。
2017.8.17IDIOM試走7
ドロップハンドル化したことで走りやすくなり楽しさも倍増しました。
ただ、気になるのはミニベロ×フルアルミフレームからくる突き上げ感です。
段差が分かっているときは前もって対応できるからいいとしてもけっこう気になります。
ちょっと対応策を考えてみます。

さて松林を抜けてここからさきは厳しい日差しが続くので折り返します。
2017.8.17IDIOM試走8

ドロップハンドル化は大成功でした。
IDIOMがより楽しく走れる自転車になりました♪
[ 2017/08/30 11:26 ] GIANT idiom2(2016) | TB(0) | CM(0)

たまにはのんびりidiomで

最近マドンに乗ってばかりだったので、久々にidiomに乗ることにしました。
DSC_2157
DSC_2157 posted by (C)Nicky

暑さも厳しくなってきたし、のんびりと走ることにしました。
DSC_2158
DSC_2158 posted by (C)Nicky
マドンは軽快にビュンビュン走れるけど、ついつい頑張りすぎてしまうことがあります。
idiomはのんびり楽しく走りたいときにはちょうどいいです。

ちなみにちょっとポジションが窮屈なので、近々ポジション見直しも兼ねていろいろいじろうと計画中です。
DSC_2159
DSC_2159 posted by (C)Nicky

一応レーパン履いてきたけど逆にサドルとの相性が悪かったのか、座り心地がイマイチでした。
DSC_2160
DSC_2160 posted by (C)Nicky
マドンのようにカチカチのSMPにはしなくてもいいけど、SMPのコンフォート系にしてみたいところです。

今日は気分転換に走りたかっただけなので、走行距離が12kmになったところで、折り返しました。
DSC_2161
DSC_2161 posted by (C)Nicky

ローアングルで撮影。
DSC_2162
DSC_2162 posted by (C)Nicky
日影をのんびり走ればそこまで暑さは感じませんでした。

最後に海を見に来ました。
DSC_2163
DSC_2163 posted by (C)Nicky

台風の影響で遊泳禁止になっていたみたいです。
DSC_2164
DSC_2164 posted by (C)Nicky

とりあえず、記念撮影。
DSC_2165
DSC_2165 posted by (C)Nicky
ここはけっこういいところです。
自転車だけではなく、散歩にくることもあります。
波の音に癒されます。

走行距離は少し物足らないけど25km。
DSC_2166
DSC_2166 posted by (C)Nicky
のんびり散歩するにはいいくらいでした。

そうそう、以前idiomに取り付けたセンタースタンド、かなり便利でした。
やっぱりなんだかんだでスタンドがあると便利です。
[ 2017/07/27 14:54 ] GIANT idiom2(2016) | TB(0) | CM(0)

IDIOMの洗車のセンタースタンド取付

注文していたIDIOM用のセンタースタンドが届いたので取り付け前に洗車することにしました。
購入後初洗車です。
DSC_2015
DSC_2015 posted by (C)Nicky

まずはおなじみフィルタークリーナー。
DSC_2016
DSC_2016 posted by (C)Nicky

チェーン、クランク、ディレイラー、ブレーキキャリパー等にも塗りました。
DSC_2017
DSC_2017 posted by (C)Nicky
最近、海に行ったりしていたので砂汚れが多かったです。

塗り終わったらざっと水で流します。
DSC_2018
DSC_2018 posted by (C)Nicky

次はフレームを洗います。
たまたまホームセンターで見つけたシンプルグリーンというのを使ってみることにしました。
DSC_2019
DSC_2019 posted by (C)Nicky

泡でよく洗います。
DSC_2020
DSC_2020 posted by (C)Nicky

泡もきれいに流したら、ふきあげと同時にフレームのコーティングです。
いつものバリアスコートです。
DSC_2021
DSC_2021 posted by (C)Nicky

ピカピカになりました!
DSC_2022
DSC_2022 posted by (C)Nicky

次はチェーンに注油。
DSC_2023
DSC_2023 posted by (C)Nicky

スプロケット全体にも馴染むようギアチェンジ。
DSC_2024
DSC_2024 posted by (C)Nicky

次はディレイラー等の稼働部に注油。錆がきそうなところにも注油しておきました。
DSC_2025
DSC_2025 posted by (C)Nicky

全体をチェックして完了!
DSC_2027
DSC_2027 posted by (C)Nicky

きれいになったところで、スタンドの取り付けにかかります。
DSC_2029
DSC_2029 posted by (C)Nicky

IDIOMにはスタンド取付用の台座があります。
DSC_2030
DSC_2030 posted by (C)Nicky

取付前にフレームの傷防止にいらないバーテープを貼って保護しました。
DSC_2031
DSC_2031 posted by (C)Nicky

取付ボルトにもグリスを塗りました。
DSC_2032
DSC_2032 posted by (C)Nicky
もちろんこのあと余分なグリスはふき取っています。

取付完了です。下から見たところです。
DSC_2033
DSC_2033 posted by (C)Nicky
さすが専用品だけあってピッタリ!

上から見たところ。
DSC_2034
DSC_2034 posted by (C)Nicky

これで、より便利な自転車になりました。
DSC_2035
DSC_2035 posted by (C)Nicky

ただ、フレームが黒なのでできればスタンドの色も黒が良かったですね。
DSC_2036
DSC_2036 posted by (C)Nicky

今回取り付けたのは、GIANTの『エスケープ ミニ キック スタンド』というものです。


IDIOMとは関係ないけど、オークションで落札したサドルが届きました!
DSC_2045
DSC_2045 posted by (C)Nicky
さっそくテストライドに行く予定です。
パッド無のSMP…カッチカチです。いったいどうなるものか…
[ 2017/06/08 14:03 ] GIANT idiom2(2016) | TB(0) | CM(0)

IDIOMのサドル交換&試走

いままでIDIOMは純正サドルのまま乗ってきましたが、家に使っていないままの物があったので、交換してみることにしました。

右が純正です。
2017.6.1 IDIOMサドル交換1
交換するのは、SELLE ITALIAのMAX SLR GEL フローです。
重量的には50gほど軽くなりました。

取り付けるとこうなります。
2017.6.1 IDIOMサドル交換2

けっこうフラットな座面です。
2017.6.1 IDIOMサドル交換3
見た目はけっこう好きです。

サドル試走の時は基本的にレーパン無しで試してます。
お尻への当たりをより明確にしたいからです。
レーパン無しで10km走って問題無ければOKという自分ルールがあります。

2017.6.1 IDIOMサドル交換4

ちなみにケツ論からいくと…

とにかく痛かった(;´Д`)

角度変えたり、座り方をいろいろ試してみたけど、なかなかおいいしいところにたどり着けません。
IDIOMは普段着でもちょこちょこと移動に使うのでこのままでは苦しいかも。

いつもの海まで来て休憩。お尻も休憩。
2017.6.1 IDIOMサドル交換5

結局、悩んだ末に意外と快適だった純正サドルに戻しました。
SELLE ITALIAのサドル好きだったんだけどなぁ(;´・ω・)
[ 2017/06/02 21:53 ] GIANT idiom2(2016) | TB(0) | CM(0)