新しい愛車『TREK Madone 6.2 2012』を納車!!

こんばんは☆

新婚旅行:パラオ旅行記も書きたいことはほぼ書けたので、自転車ブログ再開します。

パラオ旅行から帰ってきたら、今度は嬉しいお知らせが…

それが…
『新しい自転車の完成のお知らせ』
でした!

おぉ!ついに!!
と期待に胸を躍らせます!!

完成日は5月16日(水)ということで、納車日をいつにしましょうか?ということでした。

あぁ!早く見たい!!

という気持がとても大きかったので、翌日5月17日の午後から有給をもらい、夕方に納車してもらうことにしました。

まぁ、いろいろ省いて、さっそく紹介します。
タイトルにも書いていますが…

TREK Madone 6.2 2012です!!
パンパカパ~ン♪
5/30madone1
ちなみにカラーは、Matte Blue Ink / Crystal Pearl White / Bright Silverです。

どうですか?かっこいいでしょう!!(親ばかです)
5/30madone2

アルテグラ仕様でペダルには今もっているSPDシューズが使えるシマノPD-A600をチョイス。
5/30madone7

個人的にここのMadoneの文字は2011年モデルの筆記体がよかったです(^^;
5/30madone4

マットカラーの質感をどうぞ♪ボトルケージには昨年10月に長崎のTREKストアで買っておいたTOPEAKです。
5/30madone5

マドンのおいしいところであるこの埋め込みがたのデュオトラップセンサーを使用し…
5/30madone9

ガーミンEdge500を採用♪
アウターケーブルは青を選択しました。
5/30madone3
この組み合わせはかなりおいしいですね☆

ちなみにホイールはワンランク下のものを選択しました。
5/30madone6
なぜかというと…

どうせ後々交換したくなるから!
現在のホイールは所謂普段履きホイールという位置付けでいくつもりです。
といいつつ、別にレースとかに出るつもりもないので、そのへんはどうなんでしょうね(^^;

最初はサドルバッグをつけていたけど、なんだか似合わないような気がしたので結局外しました。
おかげですっきりしました☆
5/30madone8

それにしてもプロジェクトワンで組むって楽しいですね!
好き放題やってしまうと、金額が大変なことになってしまいますが、私はホイールをワンランク落としているし、なんとかなる範囲で抑えることができました。
色も好みで選べるし、自分の好みのカラーが出せたのかなと思います☆
それにしても、贅沢な話です。
まさかこんなに高級な自転車を買うとは思いもしませんでした。
ほんとによかったのかな…という不安もあった時期もありましたが、今はそんなことありません。
うれしさもあったし、今よりももっと自転車に乗ろうという気持でいっぱいです!
実に楽しみです。

カーボンフレームって軽いんですね!
あまりの軽さに笑ってしまいました!
ちなみに、納車した状態での重量は、ペダル装着状態で…

約8.2kgです。

軽量ホイールに変えたらきっと化けますね。
これからの進化も楽しみです。
Di2対応フレームだけど、Di2化はしないと思います。
私にはもったいない気がするのです。

さっそく、乗り味とかいろいろインプレしたいところですが…
実はそんなに乗れてないんですよ(" ̄д ̄)
というのも、パラオ旅行から帰ってきてから気温の変化についていけなかったのかいきなりカゼをひいてしまったのです…。
実にお恥ずかしい。
そんなこんなで、満足に乗れず、毎日、眺めるだけのオブジェ化が進んでいたのです。
ということで、インプレとかそのへんはもうしばらくお待ちください…(笑


最後に…

今回お世話になったお店を紹介☆

おくぐち
宮崎県は西都市にある『サイクランドおくぐち』さんです。
http://okuguchi.jp/
ここはとても明るくて愛想のいいお店なんですよ!
よく自転車ショップは愛想がなくて当たり前なんて言われたりするけど、ここは違います!
みんなとてもいい対応をしてくれます。
店長さんのブログもなかなか面白いですよ♪
今回、いろいろとお世話になったので、せっかくなので宣伝させてもらいました☆


ということで、今回は紹介だけにして、もっと乗り込んだら改めてインプレしたいと思います☆

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2012/05/30 22:08 ] TREK Madone6.2(2012) | TB(0) | CM(2)

パラオ旅行記 ~最終章~ 左肺自然気胸と飛行機

パラオ旅行記ついに最終章です!

最終章、華々しくいくかと思いきや、少しビミョーな話です。

さっそく本題に入りましょう!

旅行出発の約10日前くらいから、私の体には2つ気になる体の変化が起きていました。

1つ目が…
『左目の内出血』です。
ある朝気づいたのですが、左目をよく見ると下半分の一部が真っ赤に充血していたのです!!(゚Д゚)
なんじゃこりゃー!!と思いつつ、普段つけているハードコンタクトの装着を止め、仕事帰りに眼科で診察を受けてきました。
結果、見て目の割には大したことないものらしく、一週間コンタクト禁止令をもらい様子を見てくださいとのこと。
ちなみに原因も分からず…。
で、その一週間って言うのの最終日がパラオ旅行の一日目だったのですね~。
幸い、その一週間で充血も治まり、通常通りコンタクトをつけて旅行をエンジョイできたというわけです☆
念のため、ホテルに戻ったらすぐにコンタクトは外すようにしてました。
そして、今では充血もおさまり何事もなく過ごしてます。


そして、もう一つ起こった体の変化。
これが楽しかったパラオ旅行のキャンセルの可能性さえ頭をよぎったできごとでした。

それが…

『左肺 自然気胸』です。

自然気胸っていうのは、簡単に言えば、肺に小さな穴が開いて肺の空気が漏れしぼんでしまう症状のことです。
軽度なものだと、ほんの数日安静にしてれば自然と治りますが、重度なものになると入院治療も必要とするし、手術を視野に入れなければならないこともあります。

実は私の気胸の既往歴は20回超!
手術だって左右共に2回ずつ、計4回。
自称、気胸に関しては大ベテラン(^_^;)

そんな肺気胸、実は旅行出発約10日前の4月23日に発症してしまったのです!!
その日は自転車通勤をするつもりだったけど、朝起きたときからなんとなく違和感を感じたので、車通勤に変更しました。
出勤してからも、違和感が続いていたので、これは気胸確定だな…と思い仕事帰ってから嫁に伝えました。
ショックを受ける嫁。
もうずっと前から楽しみにしてきたのに…と言う気持ちでいっぱいだったのかもしれません。

とりあえず、ギリギリまで様子を見ようということにし、私は一日有給をとりました。
とりあえずは、肺の穴をふさぐことが先決です!
一日絶対安静にすることにしました。
あと、家事にもいっさい手を出さず、旅行の日までできるだけ安静にできるようにしました。
幸い、仕事が事務職なので仕事中もできるだけ動かないようにしていました。
あとは、タバコの煙にはできるだけ近づかないようにしてました。
タバコは肺には大敵です!
今回、軽症だったせいか、回復も早く日に日に状態は良くなっていたように感じました。

ただ、一つ気になっていたのが、飛行機です。
5/2パラオ1

私は気胸の経験から、空と海のダイビングは禁止されています。
急激な気圧の変化は危ないらしいのです。
となると、空を飛ぶ飛行機、もちろん気圧の変化もあるのではないか?!
といろいろと不安になります。
いざ乗ってみて、苦しんでしまっただと、多くの人に大変な迷惑をかけてしまうことになります。

さぁ、どうする!

ということで、ネットで検索。
やはり気胸と飛行機の関係で不安を抱えてる人は多いみたいで、いろいろと参考になる話がでてきました。
きちんと治療を終えた後に飛行機になることができるのは知っていましたが、さすがに発症から10日で乗ったと言う話は見つけることができませんでした。
しかも、国内旅行ではなく海外旅行。
さらにハードルがあがります。

いろいろ、調べてるうちに飛行機内の気圧は約0.7気圧で保たれているという記事を見つけました。

そして、調べながらもだんだんと迫る出発日!
悩みます…。

最終的に出した答えは…
とりあえず、連日の安静作戦のおかげで調子も落ち着いているし、大阪まで飛んでそこで最終判断をしよう。
ということでした。

大阪までなら1時間20分前後。とりあえず、なんとかなりそうな予感。

で、緊張の当日。

肺の調子はおそらく大丈夫。
穴はふさがっていると確信できたし、100パーセント近くまで肺は膨らんでいるような感じです。

そして、離陸…。

まぁ、そうは言いつつも肺のことよりも飛ぶ怖さのことが優先されてて正直それどこではありませんでした(^_^;)
安定飛行に入ってから、軽く深呼吸をしてみても、違和感を感じず。
お、これはいけるじゃないか☆と言う状態でした。

ただ、気になったのは、着陸の為に高度を下げていたときでした。
高度下げていくときに、少し肺に違和感を感じたのです。
まぁ、それよりも雨の着陸だったので揺れにおどろかされてまたもや怖さが優先されてましたけど…。
そんなこんなで、無事着陸しました。
気になる肺はというと、なんだか少し疲れたような感覚です。
肺が疲れたと言ってもなかなか分かってもらえる人はいないんですけどね(^_^;)
痛みとかはないけど、なんとなく違和感だけありました。
0.7→1.0の気圧変化がなんらかの影響を与えたのかもしれないし、気にしすぎていたのかもしれません。
その辺はレントゲンでも撮って確認しないかぎりは分かりません。

さて、大阪までの飛行機でも特に問題は感じなかったので、思い切ってパラオまでも飛ぶことにしました!
関空でも5時間程待ち時間があったので十分体を休めることもできたし。
5/2パラオ3

結局、パラオまでの飛行でも何事もなく、こうして無事に帰ってきてブログを更新しています。
そして、今では元気に自転車にも乗っているという話です。
ただ、やはり離陸も飛行中もなんともなかったけど、着陸に向けて高度を下げているときだけは少し違和感を感じていました。

やはり少なからず影響はあったのでしょう。
万が一、安静をせず穴がきちんと塞がっていなかったら、そこから空気が漏れ肺が縮んでいたのかもしれません。

今回の場合は無事に何事もなく飛行機も乗り、パラオでの毎日も思いっきり楽しむことができました♪
往復2時間近くのトレッキングツアーも何事もなく過ごせたし
5/5パラオ14
ダイビングはできずともシュノーケーリングだってできました!
気胸を起こしているとうつぶせの状態はきついのですが、なんともなかったのです!
5/4パラオ11
ほんとに運がよかっただけかもしれません。
やはり少しでも不安ならレントゲン&医師への確認をしっかりしていたほうが不安もなく楽しめるとは思います。
少し軽率だったのかもしれませんが、ちょっと強行突破的に新婚旅行に行ってきました。

無事に帰ってきた今では一つの思い出話です。


さて、今まで長々と新婚旅行であるパラオ旅行記を書いてきましたが、今回でいったん区切ります。
この新婚旅行で飛行は苦手で怖いけどなんとか乗れることが分かったし、初の海外で多くのことを目で見て体で感じてきました。
また、海外だけならず国内でもいろんなところにも行ってみたいと思えるようにもなったし(でも、やっぱり飛行機は1時間半くらいで勘弁してほしい…)、いろんな意味で海外旅行に引っ張って行ってくれた嫁にはほんとうに感謝しています。
私の中に頑固に固まっていた意思を変えてくれたのだと思います。


ということで、次回からは自転車ブログ復活です!
次回はいよいよお待ちかねの…

新しく仲間入りした新車を紹介します!!

お楽しみに~♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2012/05/29 21:28 ] 新婚旅行(in パラオ)  | TB(0) | CM(0)

パラオ旅行記 ~苦い思い出~

こんばんは☆

終わったかと思いきや、まだまだ続いていたパラオ旅行記(^^;

最高に楽しかったパラオ旅行にも苦い思い出があります。
それがこのカメラ。
パラオカメラ1
ペンタックスOptio WG-1
http://www.pentax.jp/japan/products/wg-1/index.html

やはりパラオに行くとなれば、マリンスポーツ!(いや、そんなに泳げないけど…)
となると、やっぱり海の中で写真撮りたくなりますよね♪
5/4パラオ7
水中で写真を撮りたいというだけで、このカメラを買いました!
まぁ、型遅れですが、その分安かったし、旅行から帰ってから自転車用として使うつもりでした!
自転車ジャージにある背中のポケットに物を入れてると汗ですぐに濡れてしまうので、このカメラなら大丈夫!と思っていました。

で、旅行中…

初日から、シュノーケーリングで大活躍!!
5/3パラオ13

楽しいし画期的だ!!
しかも、見た目もGショックみたいでかっこよくて好きだ!
カラビナ付きのストラップも実に便利♪
しかも、ちょっとくらい汚れたって水洗いできる!
と大絶賛!!

ところがところが!!

二日目にして…

レンズと液晶部分に結露が…

あれ、おかしい…
防水・防塵・耐ショックが自慢だったんじゃ…

で、うまく乾かしつつだましつつ使う。
でも、レンズ側の結露のせいでなんだかおかしい写真にもなるし、逆光ぎみになるともう大変な写真になる…。

二日目の夜はバッテリー部分など開放できる部分は開放してできるだけ乾かせるように努力。

で、臨終した3日目。

嫁の体験ダイビングにて見事なまでの浸水を披露し、臨終。
バッテリーの蓋を開けると水が海水がポタポタ…。
ダイビングとは言え、一番深くて7mくらいだったらしい。

こうして、新品使用開始からわずか3日で浸水しご臨終となったわけでございます。


おかげで、最終日のシュノーケーリングでみた一番きれいなスポットの写真も撮ることができず、残念度MAXな気分を味わいました…。

帰ったら、絶対文句を言ってやるんだ!
と、二人でブツブツ。
ていうか、もう必要ないし、返品したい!


で、帰国後、購入店に二人で行きました。

N『あの~、これ壊れたんですけど…』
 ↓
店『…こわれた…というと~』
 ↓
N『(チッ)見たほうが早いです』
 ↓
結露しまくり、意味不明にLEDが点灯しまくったカメラを見せる
 ↓
店『少々、お待ちください』
 ↓
店『あの~、水につけたりしましたか?』
 ↓
N『(おいおい、このカメラのコンセプトしってるか?)はぁ、水につけたりしましたけど…』
 ↓
店『あぁ~、浸水に関しては保証外なので有償での取り扱いとなります』
 ↓ 横を見ると明らかに不満な顔をした嫁
N『いやいや、使い始めた次の日には浸水してるのよ!』
 ↓
店『…しばらくお待ちください…』
 ↓なにか相談に行ったらしい
店『新品と交換しますので…』
 ↓ていうか、信用できないし返品したいが…
N『はぁ、分かりました…』
 ↓
店『精密機器なので取り扱いには注意してください…』
 ↓
N『…(おぃ!やかましく怒られたいか?!)』

で、結局新品と取り替えてもらいました。
でも、店側としてはバレてないつもりかもしれないが、コレ展示品だよね?っていうモノだったことをその場の状況で気づきました。
もういいや、めんどくせ~ 
投げつけて帰ってやればよかったの?
と不満たらたらになりつつも帰宅。

原因となったバッテリー側の蓋がこれです。
パラオカメラ2

あけるとこうなります。
パラオカメラ3
最初から感じてはいたけど、パッキンがちゃちい。
これで、ほんとに10m防水??

で、よくよく調べると、この部分にホコリとかついているとあっという間に浸水するとの噂が!!
分かりやすくフラッシュ使って撮ると、たしかについています。
こいつが原因だったのか…。
ていうか、あまりにも貧弱すぎます。
もっとしっかり防水対策すべきでしょう!
しかも、メーカーも浸水に関しては無料保障対象外と…。
パッキンをもっとしっかりさせて、蓋のロックを硬貨などでキュッとしめるタイプにするべきでしょう!
これでは、被害拡大をとめることはできません。

防水をうたうならこんなもの必要ないと感じるのがこれ。
パラオカメラ4
無駄に出力端子なんてつければそれこそ浸水の原因になります。
こんなコンセプトのカメラなら出力端子なんていらないような気がします。

このカメラ次期モデルのWG-2が発表されていますが、特にこの辺の改善が見られませんので、メーカー側が気づいていないのか、わざととしか感じれなくなってしまいました。

それまでに撮っていた写真のデータが残っていたのが不幸中の幸い!
もし、データまで消えていたかと思うと…( ゚д゚)


で、いろいろ調べていたら、『DiCAPac』っていう画期的な商品があるではありませんか!
http://www.dicapac.jp/
最初からもっと調べて旅行に行けばよかったなぁ~とちょっと後悔しつつ…。

あ~あ…、こんなんじゃ、ジャージの背中のポケットに入れて使うのも不安だよ。

まぁ、あんまりグチグチとここで書くのはあれなので…。

そんなこんなで旅行での苦い思い出でした。
チャンチャン☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2012/05/25 22:55 ] 新婚旅行(in パラオ)  | TB(0) | CM(2)

初めての海外旅行を終えて…

こんばんは☆

5/6帰国1
新婚旅行ということで、私は生まれて初めての海外旅行を経験しました。

ゴールデンウィークに海外旅行なんて私達のような一般市民には縁のないものだと思っていました。
日本のことも良く知らないのに海外なんてとんでもない!!
そして、ゴールデンウィークの前後にニュースで流れる海外旅行に行く家族を見る度に、

大型連休に海外旅行に出るなんて、一部の上流貴族だけだぜ~(" ̄д ̄)

なんて思っていました。
実際、同じパラオ旅行に行っている6人家族の父親は左腕にはキラリと光るブルガリの時計、母親にはグッチのでっかいサングラス、私達から見たらびっくりお金持ち家族!!(すいません変な表現で…)
そんな私はといえば、$○○の表示があるたびに頭の中のビンボー電卓でカタカタと日本円に換算してしまう日々…σ(´・д・`;)

それが、一転、まさか自分達がその大型連休の海外旅行組の一部に入るなんて…
なんてブルジョアな( ̄□ ̄;)!!
いやいや、うちらなんてブルジョアかぶれにもなれないビンボー夫婦なのに…。

そして、個人的の考えだったのですが、せっかく海外旅行に行くのに、世界遺産とかを見るわけでなく、とくに何も無いリゾート地に行くって言うのは、どうなんだろうって思っていました。
せっかく恐怖の飛行機に耐えていくのに…。

ところが、ところが!!
5/6パラオ11
こうして、のんびり何も無いところで、ボーっと海を眺めていると、
『リゾート地って言うのも何も考えずにのんびりできていいよな~』と一気に考え方も逆転してしまいました。
そりゃ、確かに世界遺産とかも見てみたい気がするけど、時間に追われずに普段のことを考えずにのんびり過ごす。これってすごく贅沢だなぁと感じました。
うまく表現できないけど、とにかくパラオにはどっぷりはまってしまいました♪

リゾート地っていいもんですね!!(笑


そうそう頻繁にはいけないけど、お金を貯めて5年後か10年後かにはまた行きたいな~と思っています。
とは言え、飛行機に乗るのはやっぱり怖いんですけどね。
今回の旅行で往復で4回飛行機に乗りましたが、やはりまだまだ慣れた!とはいかないようです。
でも、一時間くらいなら乗れるような自身はついたので、ほんの少しは慣れたのかもしれません。
5/3パラオ2

初めての海外旅行で思ったけど、やはり英語って必要ですね。
運よくパラオは日本語であふれる国だったので、特に言葉で不自由があることなんてありませんでした。
でも、ホテルのレストランは当たり前のように英語だし、フロントの人も英語。
学生時代に英語を習ったとは言え、所詮はお受験英語。いざ外国に来るとほとんど役に立ちません。
しかも、しゃべる英語のスピードが速いのです。
聞き取るのに必死でした。
なんとなく聞き覚えのある単語で理解して、片言の英語(というか単語)でうまく伝えるといったやり取りでした。
今回、チャーター便で行ったので、日本人だらけの海外旅行を経験させてもらいましたが、日本人でも英語ペラペラの人たちがけっこういました。
なんかかっこいいんですよね!
アメリカかどこかから来た人と英語でペラペラと会話をしているのを見るとちょっとうらやましいと思いました。
ちょっとまじめに英語を勉強してみようかとも思いました。
でも、こんな私でも最終日には早口に感じていた英語をなんとなく聞き取れるような気がしていました。
やはり毎日聞いていたからでしょうか。
まるで、ほんとにいいのかどうか分からない「スピードラーニング」ってのを受けてるみたいでした。
やはりなんでも慣れなんでしょう。

5/3パラオ14
そして、もう一つ感じたのが『コミュニケーション能力って必要!』ということです。
意外と一人旅の人が多かったんですけど、けっこう知らない人どうしでもすぐ話し掛け合って飲み物をとってあげたり、ちょっとした会話をしたり…。
私も助けられた場面もありました。
そして、英語ペラペラの人は他国から来た人達と英語で会話をしていたのです。
これはステキです。
海外旅行の楽しさきっと倍増!
どっちかと言うと、初対面の人にはなかなか声を掛けられない私にはまだまだ苦手な分野です。

5/6パラオ4

海外旅行には、『英語』と『コミュニケーション能力』の二つを備えていくといろいろと得られるものが増えるような気がしてきました。
もし次に行くようなことがあればこの二つを少しでも身につけて行きたいと思いました♪

なんだかずいぶんと長くなってきてしまったので、この辺で…

ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2012/05/20 19:52 ] 新婚旅行(in パラオ)  | TB(0) | CM(2)

パラオ旅行記 ~ついに帰国~

こんにちは☆

楽しかったパラオの旅もついに終わりが近づいてきました…(^^;
あれだけ嫌だった飛行機を頑張って耐えたこと以上に楽しんだパラオ、やはり帰るとなると少し寂しい気持にもなります。
ホテルからの夜の風景を眺めつつそんなことを考えていました。
5/6帰国1
たしかこの日は満月だったような気がします☆

そして、帰る直前まで気になっていたのが…


コレ!
5/6帰国2
『こそでぃしょなー』と『しゃそぷー』です。
こういうの大好きです(笑
記念に持って帰りたかったけど、どうしようもないのでそのまま置いて帰りました。

さて、来るとき無事に乗り切れた飛行機もやはり緊張します。
おかげでトイレに数回こもりました(^^;
緊張は胃腸に良くありません。

帰りはまずホテルのロビーに22:50に集合し、みんなでバスに乗って空港まで移動します。
その後、ぞろぞろと搭乗手続きと出国手続きしました。
5/6帰国3
パラオから出国するときには環境税みたいなものとして35$払わなければなりません。
まぁ、この連休の間、大自然を存分に満喫させてもらった身としては何一つ不満はありませんが。

このときの出発予定時刻は午前1時。夜中です。
相変わらず緊張していたけど、旅行の疲れも加えて機内ではぐっすり寝ている予定でした。
ちなみに嫁はすでにホテルのロビーにいる時点でウトウト…。
空港のロビーでもウトウト…。
んで、私はと言うと…

出発時間が近づくにつれて目がギンギラギン…(^^;
はい、緊張してて結局寝付く気配もなし。

いざ、搭乗してなんとか上昇中も耐え抜き、安定飛行の状態になったにもかかわらず、ほぼ寝ませんでした。
これは想定外!!
機内のほとんどの人が寝静まっているのに、私は一人で起きていました。
まったくこの小心者具合がお恥ずかしい…。
でも、一瞬だけ眠りに落ちた瞬間とかはありました。
でも、なぜかゆっくり眠れないんですよね~。
飛行機なんて寝とけば大丈夫っていうのはアテにならないようです(^^;

そして、ビクビクしているうちに気づけば夜明けです。
機長さんが機内放送で太陽が見えます、と教えてくれました。
5/6帰国4
このときはさすがに外を見てみました!
なかなか経験できることではないので☆
5/6帰国5
そうこうしているうちに、5:30無事に関空に到着!
長かったけど、ついに帰ってきました、日本!!
そして、大阪は少し肌寒かった。

関空にて入国手続き等を済ませ。
さっそくバスに乗り込み伊丹空港へ向かいました。
来るときの荒々しい運転の運転手と比べると少しは穏やかな運転の方でした。
ほとんど徹夜状態の私、さすがに30分くらいバスでは眠っていました。
ちかくにいた、香水の強烈のおばちゃんが気になりましたが…(^^;
公共の乗り物で強烈な香水は勘弁してほしいですね(^^;

伊丹空港についた後は、軽く朝食をとりました♪
ちょうど、バスから降りたところにモスバーガーがあったので、そこでちょっとゆっくり♪
平日の朝なのに意外とお客さん多くて都会の朝なんだなぁ~と感じました。

朝食を取ったあとは、宮崎に向かう便まで時間つぶしです。
とりあえず、ウロウロするのもアレなので、空港内にてお土産の物色とかしてました。

伊丹空港から宮崎空港までは約1時間ちょっとの飛行時間なので4時間半のパラオ行きと考えるとだいぶ気が楽です。

やはり離陸は緊張したけど、半分以上は寝てました。
寝不足もあったのでしょうけど(^^;

無事に宮崎に着くと、私の両親が迎えてきてくれていました♪
なんだか帰ってきたな~と思いつつ、みんなで昼食☆

その後、ついにアパートへと帰ってきました♪
いやぁ、なつかしの我が家、相変わらず散らかっている。

そんなこんなで楽しかったパラオ旅行もついに終了。
無事に我が家(現実ともいう)に帰ってきました♪

二人で取りまくった写真は約1,400枚。どう整理してくれようか…。

そして、次の日から当たり前のように始まる仕事…。
はたしてちゃんとこなしていけるのか、不安はつきませんが、少しでも疲れを癒すため、何も考えず寝ることにしました。

連日、続いたパラオ旅行記もそろそろ終了します。
そして、帰ってきたら吉報が入っていました。

『新しい自転車の完成予定日のお知らせ』です!

何かと楽しいことが続きます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2012/05/17 16:25 ] 新婚旅行(in パラオ)  | TB(0) | CM(2)