ありがとう

あれから一週間経った。
DSC_6732 (1024x680)

5月20日。
母からのメール。
『じいが今朝肺炎で入院した。あまく長くないかもしれないからいろいろと用意しておいて。』
去年、リンパ腫が見つかり、一年はもたないかもしれないようなことは聞いていた。
高齢になり、肺炎で入院と聞くとなんとなく嫌な予感しかしなかった。
とはいえ、平日はお見舞いに行けないので、週末には妻&子を連れてお見舞いに行こうと思っていた。

5月22日。
『じいが週末までもつかわからないから、意識があるうちに会ったほうがいいと、先生から説明があった。』
まさかとは思った。長くないのかなとは思いつつも、そんなに早く来るなんて…。
仕事を15時で早退し、病院へ。妻にも連絡し、すぐ病院に行くことにした。
姉も仕事を早退し、福岡にいる弟も仕事を早退し、飛行機でそのまま宮崎入りし、病院へ。

恐る恐る病室へ入ってみると、丸顔だったはずのじいちゃんは頬が見るからに痩せていた。
週末までもつか分からないと言われたから、暗い雰囲気を想像していたが、本人はいたって元気。
ただ、補聴器をつけているはずなのに耳はずいぶんと遠く、しゃべりもろれつがまわっていない状態だった。

躾は厳しくしないとダメだという考えの持ち主だったので、普段から口うるさく、あまり笑顔を見せない人だった。
正直言って、あまりに口うるさいから嫌だと思うことのほうが多かったし、それが原因でケンカもしたし、足も遠のいていた。
でも、この日は違った。元気でとても陽気で笑顔だった。いつものうるさい話は全くなかった。
あぁ、この人もこういう一面があったんだなと心底思った。
しかし、よくしゃべるし、あまりに元気だったから、ほんとに週末が山場なのか?と疑った。
でも、目の前にあったモニターを見ているとちょっと納得できた気がした。
心拍数が安静にしていて120~130。すこし話をしていると150を超え160手前まで上がり、本人も息が上がっていたようだ。150~160って、自転車で坂を上るときに見るような数字だ。じいの年齢でこの心拍はちょっと異常なんじゃないかと思った。

病院から延命措置を行うか聞かれたが断ったらしい。措置を行うと、わずかでも長く生きることはできたかもしれないが、意識はなくなるということだった。自分が同じ立場だったらやはり断っていたと思う。

その日の夜、家に帰って、妻としゃべっていたらなぜか涙が出た。やっぱり寂しいよねと。

5月23日。

とりあえず、いつもどおり仕事には出た。
親には何かあったらすぐ電話をするようお願いした。死に目には会いたいと思ったから。
でも、きっと今日は何もないと思っていたし、仕事帰りにまた顔を見せに行こうと思っていた。
母からメールが来ていた。
『昨日よりかはきついのかもしれない。呼吸は早いみたい。』

5月23日 13:41
とうとう母から電話がきた。
『出れるならすぐ病院へ。急がなくていいから、とにかく気をつけて』と。
焦る気持ちを必死で抑えて、とにかく安全運転を心がけた。ついついアクセルを踏む足に力が入りそうだった。
目指すは県病院。やっかいなことに道路が混みやすい。どのルートが一番早いか、この時間帯は渋滞はないか。
やっと病院に着いた。駐車場からの足取りも自然と早くなった。
病室までエレベーターで上がった。待ってる時間が待ち長くて階段を走ろうかとも思った。
やっと病室に着いた。


間に合わなかった。


最後くらいしっかり見取ってあげたかった。でも間に合わなかった。3分。たった3分早くついていれば…。
自分でも信じられないくらい涙が出た。悲しいのか悔しいのかも分からない。
県病院じゃなくて、医師会病院だったら…。無我夢中で飛ばして駆けつければ…。考え出したらきりがない。

DSC_0032 (1024x685)

5月23日 14時19分。
じいちゃんは息を引き取った。82歳でした。

5月24日。
なんだか信じられないまま、一日を過ごしたような気がした。
納棺は親族みんなでしました。体温がなくなったじいを納棺する時、これが最後なのかと思い、体が動かなかった。涙は出たけど。妻に背中を押され、納棺。きれいにお化粧をしてもらい、立派な衣装を着せてもらっていた。
そのまま、お通夜の会場へ。
会場に向かう前に思い出の地をまわってもらったらしい。
お通夜はなんだか、実感の湧かないまま時が過ぎていった。
娘もまだ9ヶ月だし、長時間待っているのはつらかったと思うが、ずっといい子でいてくれた。一生に焼香もした。
人付き合いは苦手だったじいちゃんだったが、多くの人が来てくれた。正直うれしかった。

5月25日。
いよいよ、今日は本当にお別れ。
朝から変に緊張していた。
お通夜とは違って、油断するとすぐ涙が溢れた。焼香も涙でしっかりできたか分からなかった。
告別式も終わり、本当に顔を見るのが最後というとき、今まで以上に泣いた。ドライアイスで冷え切った顔。
いつか目を開けるのではないかというくらい、きれいな顔をしていた。
『頑張るから、何も心配しなくていい。ゆっくり休んでね。ありがとう。』と声をかけた。

そして、出棺。
収骨は孫6名+妻・娘の8名で行った。
火葬が終わり、いざ、対面。
変わり果てた姿であったが、みんな悲しいという感情はなかったのかもしれない。
予想に反し、骨がきれいに残っていたからだ。じいちゃんすげぇ!と。しかも、歯も二本残っていた。
足腰が弱っていたのに、足の骨はぶっとく残っていた。
みんなで交代しながら収骨をした。ここは必要だよ、とか話しながら。意外と和気藹々としていたと思う。
おかげでいつまでもひっぱることなくスッキリとお別れできたと思う。葬儀場に帰ってから、ばあちゃんをはじめ、みんなにこのとこを話してあげた。
DSC_6738 (1024x680)

いろいろとバタバタ続きではあって皆疲れ気味ではあったが、最後は気持ちよくお別れできたのではないかと思う。
寂しさはあるし、後悔がないと言ったら嘘になってしまうけど。
今、親族一同、今まで一致団結していると感じている。いつまでも寂しさをひっぱらずに明るく過ごしていると思う。

いろいろ手続き等も終わってきて、やっと普通の生活に戻ってきているような気がする。
寂しい気持ちの中、自然と皆で協力体制ができていたのはとても嬉しかった。
きっとこれをじいちゃんが見たら喜ぶし安心すると思う。

じいちゃんにはたくさんの《ありがとう》を伝えた。
妻・子にも感謝を伝えた。いろいろとバタバタしたりしたが、常に冷静に支えてくれたし、じっとしているのはつらいはずの娘も頑張ってくれた。
悲しい出来事ではあったが、感謝することを改めて教えてもらったと思う。

ありがとう、じいちゃん。 ありがとう、妻・娘。 ありがとう、みんな。


ちなみに、遺影に使ったのは私達の結婚式のときの写真で、普段あまり笑わないじいちゃんの満面の笑みの写真でした。
スポンサーサイト
[ 2014/05/30 22:50 ] 日記(その他) | TB(-) | CM(-)

昨日(5/17)をもってマドンは…

納車後二年を迎えましたo(≧∇≦)o

納車直後の写真です。
DSC_5415
DSC_5415 posted by (C)Nicky
懐かしい~♪
自転車にはまってから、どうしてもカーボンフレームに乗ってみたくなって、TREKのプロジェクトワンでカラーを選択。
コンポは6700アルテグラ。

納車時のままでも十分いい自転車だったけど、物欲の波に襲われたりで、カーボンホイールを装備してたときもあり。
DSC_6725
DSC_6725 posted by (C)Nicky

乗り心地もよくてロングライドも快適です。
R0012198
R0012198 posted by (C)Nicky

いまや、3台体制となって、乗る機会は減ってしまったけど、大事にします!
DSC_6905
DSC_6905 posted by (C)Nicky
マドンとF2に分けているのは、マドンの消耗を減らしたいというのが狙いです(^^;
よくよく計算したらそれなりのお金はつかってしまっているけど、コンポ総入れ替えとかけっこう費用がかかりますからね~。しれっとスプロケはデュラエース使っているし。
ちなみに納車時の重量は約8.2kgでしが、現在は8kgを下回って、7.5kg前後になっています。

年々、新しいモデルがでてくるけど(105の11速化はちょっとショック…)、2012モデルのこのマドンはいつまでも現役でいきたいと思います(*゚ー゚)v

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[ 2014/05/18 14:28 ] TREK Madone6.2(2012) | TB(0) | CM(8)

まさかの体調不良…

こんばんは。

実は最近体調が思わしくありません。体重もここ最近で3キロ程落ちました(((( ;゚Д゚)))
4月中旬あたりから食欲が落ちたなぁ…と思っていたら、後半には食べれない日なんてのもありました。
でも、食べないとやばいと思って無理やりドリンクゼリーで過ごした日も…。

さすがにやばいと思い、GW前に人生初の胃カメラを決意!
オエオエがどうしても苦手な私は鼻からの胃カメラを希望しました。
さらに眠ったまま検査を終わらせたいと思い、鎮静剤も量を増やしてもらうよう希望しました。

ところが、どっこい…

鼻から入れるゼリー状の麻酔(キシロカインゼリー)を入れたところ。
喉にまとわりつく感覚がずっと続き結果的に胃カメラを入れる前からオエオエ…(ノД`)
検査しようにも進めない状態になるという。
結局、鎮静剤を入れてもらってから眠らされ、いつの間にか終わっていました。
鼻からしたのか口からしたのかさえ知りませんw

次胃カメラするときは真っ先に眠らせて欲しいと切実に思いました。

苦労した胃カメラの結果…

胃も腸もきれいでした

いい結果で嬉しかったけど、じゃあ原因は何なの??と不安に。

どうやらその手前の喉が腫れていたようです。
言われてみれば、きついときは喉の圧迫感があります。
そのまま、別の病院に紹介状を書いてもらい、喉のCT撮影へ。

結果的に胃腸科ではどうしようもないので、耳鼻咽喉科へ紹介ということになりました。
ところが、運の悪いことに世間はゴールデンウィーク。(もちろん自分も)休みの間、ジッと我慢の日々。
せっかく一日くらいは自転車の日にしようと思っていたのに…・゜゜・.(/□\*).・゜゜
連休の間、離乳食の娘っ子にも負けない勢いでの柔らかいご飯にしてもらい、細々とした食生活を送っていました。

安静にしていれば特に何もないけど、体を動かしたりすると喉の圧迫感に襲われます。
さらに微熱も伴います。おかげで脚がだるい…。
そんな症状を調べてみるとどうも扁桃腺が怪しいのではないかと。


連休明け、朝一で耳鼻科へ!!

ところが私、咽頭反射(オエオエ)が強くて、口を開けて見せてください、と言われてもちょっと診られるとすぐオエっと…。
では、鼻からカメラを入れてみましょう、と言われたので、先日の胃カメラでの麻酔の件を思い出し、麻酔なしでと男前な発言!
意外とすんなり挿入できましたが、カメラによる喉の異物間でやっぱりオエオエ…。
結局、満足できる診察はできず…。
さらにいいのか悪いのか、そのときは調子がよくあまり喉が腫れていなかったので、診断も『ちょっと扁桃腺が大きくなってますね~。とりあえず、様子をみてきつかったらまた来てください。』で終わってしまいました。

ん~…なんか納得できない…。
胃カメラの写真もCTの写真も血液検査の結果も紹介状に入ってたのに。抗生物質でももらえるかと思ったけど、薬もなしで、その日は終わりました。
『病院めんどくさい病』がますます進行しそうだ。

結局、自分でいろいろ調べて、苦し紛れに市販薬を買いました。ガラゴックというやつです。
ガラゴック
これがまた意外と効く!
でも…味が…

ゲロマズ(*≧口≦)=3
しかも、ちょっとお値段がアレだから、頻繁には買いたくない。

今のところ食欲は回復してきています。でも、仕事中に症状でると辛いです。しかも、意地悪なことに弁当を食べるとき…。おかげで、せっかく作った弁当もほとんど食べれません。家だとどんなに時間をかけてもいいので、ゆ~っくり食べるようにしてます。調子がいいときはどんどん食べて体力回復するように。

とにかく、食べて寝てさっさと元気になります。

ガラゴックのステマブログみたいだけど、近況でした~
[ 2014/05/10 21:29 ] 日記(その他) | TB(0) | CM(8)