スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

IDIOM、ドロップハンドル化後の試走

先日、ドロップハンドル化したIDIOM。
通勤等も含めて何度か試走してきました。
2017.8.17IDIOM試走1

新型クラリスR2000シリーズもなかなか操作性が良かったです。
2017.8.17IDIOM試走3
さすがにマドンに搭載しているアルテグラには及ばないけど、グレードと価格を考えれば十分!
でも、シフトダウンするとき、レバーをけっこう押し込まないといけないので、そこがちょっと気になるところですね。

ディズナのバンディーバーはかなりのコンパクトハンドルなのでブラケットポジションからドロップ部分に姿勢を変えてもそこまで違和感はありません。
2017.8.17IDIOM試走2

走り出したすぐ感じたのは今まで窮屈だと思っていたポジションが適正化されてずいぶんと乗りやすくなりました。
やはり個人的にフラットバーよりドロップハンドルが好きだなと感じました。
あとは乗りながらハンドルの角度とかを検討してみたいと思います。

試走した日もなかなかの猛暑日。
2017.8.17IDIOM試走4
日陰のサイクリングロードはいいけど、松林を抜けると一気に暑さに襲われます。

ローアングルから撮影してみました。
2017.8.17IDIOM試走5
日差しが強いので、さっさと移動します。

いつもは素通りする池を眺めてみると、コイと亀がいました。
2017.8.17IDIOM試走6
こっちによって来るところをみると誰かが餌やりをしているのかもしれませんね。

なんとなく撮影。
2017.8.17IDIOM試走7
ドロップハンドル化したことで走りやすくなり楽しさも倍増しました。
ただ、気になるのはミニベロ×フルアルミフレームからくる突き上げ感です。
段差が分かっているときは前もって対応できるからいいとしてもけっこう気になります。
ちょっと対応策を考えてみます。

さて松林を抜けてここからさきは厳しい日差しが続くので折り返します。
2017.8.17IDIOM試走8

ドロップハンドル化は大成功でした。
IDIOMがより楽しく走れる自転車になりました♪
スポンサーサイト
[ 2017/08/30 11:26 ] GIANT idiom2(2016) | TB(0) | CM(0)

idiomのドロップハンドル化

購入当初からちょっとポジションが窮屈だなと思っていたidiom。
DSCN0021
DSCN0021 posted by (C)Nicky
ポジション調整も兼ねて、思い切ってドロップハンドル化することにしました。

ハンドルはDixnaのバンディバーです。
DSCN0022
DSCN0022 posted by (C)Nicky
違う角度から見るとこんな感じ。
DSCN0023
DSCN0023 posted by (C)Nicky
ドロップハンドルとしてはかなりコンパクトです。

STIは8速対応の新型クラリスST-R2000です。
DSCN0024
DSCN0024 posted by (C)Nicky
フロントもシングルからダブル化も可能ですが、今回は予算の都合上シングルのままです。
最近はクラリスもデュアルコントロールレバーになっているのですね。ビックリです。
数年前にソラのシフターを使ったことがあるけど、当時はシフトアップは親指でしたからね~。
しかも、ワイヤーも触覚タイプだったのに。おかげで随分と見た目もスッキリします。

とりあえず、ワイヤーを全部抜きます。
DSCN0025
DSCN0025 posted by (C)Nicky

こんなこともできますが、しません。
DSCN0026
DSCN0026 posted by (C)Nicky
ネタです。

ご丁寧にすべて取り外してみました。
DSCN0027
DSCN0027 posted by (C)Nicky

ハンドル、ステムやら取り外しました。
DSCN0028
DSCN0028 posted by (C)Nicky

ネジ山にグリスを塗りつつ作業を進めます。
DSCN0029
DSCN0029 posted by (C)Nicky

ステムとハンドルを付けます。ちなみにステムは今回100mmです。しばらく乗ってみて110mmにするか考えます。
DSCN0030
DSCN0030 posted by (C)Nicky
ステムのボルトは対角線順に締めていきます。

アウター内部には少しでも動作の抵抗がなくなればと思いシリコンスプレーをふいておきました。
DSCN0032
DSCN0032 posted by (C)Nicky

カットしたアウターは穴がつぶれているので、穴を整えて、やすりで断面をきれいにしておきます。
DSCN0033
DSCN0033 posted by (C)Nicky

STIを仮止めしてアウターワイヤーの長さを決めます。
DSCN0034
DSCN0034 posted by (C)Nicky
ちょっと手違いで長くなってしまいました。
アウターの長さを決めるのはいつも苦手です…。

とりあえず、ワイヤーも通して、ブレーキ、ディレイラーも調整しました。
DSCN0035
DSCN0035 posted by (C)Nicky
インナーワイヤーには錆に強いステンレス製を使っています。

ちょっとだけ試走したいので、何となくポジションを合わせて本締めします。トルクは5Nです。
DSCN0036
DSCN0036 posted by (C)Nicky

ワイヤーをビニールテープで固定して、ちょっと周辺を試走します。
DSCN0037
DSCN0037 posted by (C)Nicky

横から見るとこんな感じです。
DSCN0038
DSCN0038 posted by (C)Nicky

ワイヤーのエンドを赤にしたかったけど、青かシルバーしか手持ちがなかったので、仕方なくシルバーです。
DSCN0039
DSCN0039 posted by (C)Nicky

試走した感じもよかったので、バーテープを巻いて完成!
DSCN0040
DSCN0040 posted by (C)Nicky
色はフレームに合わせて黒。
初めて黒を使ったけど、なかなかいいですね。

上からみたところです。DSCN0041
DSCN0041 posted by (C)Nicky
ちなみに私はステム側からバーテープを巻く派です。

バーエンド部分のテープはわざと太くしています。
DSCN0042
DSCN0042 posted by (C)Nicky
こうすると、万が一転倒したときに先にここがぶつかるので被害が少なくて済むとどこかで見ました。

右側にはミラーを付けてます。DSCN0043
DSCN0043 posted by (C)Nicky
やはりミラーがあると安心。

正面から見たところです。
DSCN0044
DSCN0044 posted by (C)Nicky
けっこうハの字になります。おかげで操作性はいいです。

折り畳み機構も問題なく使えます。
DSCN0045
DSCN0045 posted by (C)Nicky

ということで、無事にドロップハンドル化が完了しました。
DSCN0046
DSCN0046 posted by (C)Nicky
随分と乗りやすくなったし、楽しさも倍増しました♪

ちなみにワイヤーはタイラップでしれっとまとめています。
DSCN0047
DSCN0047 posted by (C)Nicky

次回は、ドロップハンドル化後の試走記を書きたいと思います。
[ 2017/08/05 21:03 ] 整備&メンテナンス | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。