スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カンパ ZONDA 使用前にハブ分解【備忘録】

ということで、ZONDAを使用する前に一度ハブをばらしてグリスアップしました。
ついでに構造も知りたかったので(・∀・)
DSCN0103 (1280x960)
DSCN0103 (1280x960) posted by (C)Nicky
ちなみにクリンチャーオンリーです。2way-Fitはチューブレスタイヤに興味無い私にはただの重量増の要因にしかなりませんので(´・ω・`)


~フロント~


両側から5mmの六角レンチを差して、緩めます。
DSCN0109 (1280x960)
DSCN0109 (1280x960) posted by (C)Nicky
ちなみにけっこうなトルクで締めてありちょっと苦労しました。

次に2.5mmの六角レンチで緩め玉押しをはずします。
DSCN0110 (1280x960)
DSCN0110 (1280x960) posted by (C)Nicky
ちなみに私は玉押し調整は苦手意識あります(^^;

次に切れ目の入ったカラー(?)を外します。
これは小さなマイナスドライバーでかる~くこじればうまく外れます。
DSCN0111 (1280x960)
DSCN0111 (1280x960) posted by (C)Nicky

するとシャフトが抜けます。
DSCN0112 (1280x960)
DSCN0112 (1280x960) posted by (C)Nicky
新品状態だとほとんどグリスがぬられていませんので、戻すときに全体に薄くグリスをぬりました。

次にベアリングシールを外します。
DSCN0113 (1280x960)
DSCN0113 (1280x960) posted by (C)Nicky
ここま小さなマイナスドライバーで変形させないようにかる~い力で外していきます。
ちなみに表裏があるので、注意が必要です。

シールを外すとベアリングはすぐに取り出すことができます。
ハブの構成部品です。
DSCN0114 (1280x960)
DSCN0114 (1280x960) posted by (C)Nicky
スポーツ新聞の上に置いたせいでごちゃごちゃとしていて見づらいです。
組み付ける順番に不安がある人は外した順番に並べれば大丈夫!
私はスプロケでそれをやります。

今回の目的はシャフトと各ネジ部分にグリスをぬることでした。
そうすることで、万が一の焼きつきを防げると考えたからです。

結局、純正グリスからデュラグリスに入れ替えました。
DSCN0115 (1280x960)
DSCN0115 (1280x960) posted by (C)Nicky
デュラグリスは硬いとの話がありますが、耐久性はありそうだと個人的に判断(^^;

あとは順番に部品を組み付けるだけです♪
ただ、フロントホイールに関しては、この玉押しの向きが車体左側に来るようにし、
DSCN0117 (1280x960)
DSCN0117 (1280x960) posted by (C)Nicky

ワーニング(あぶねど)ステッカーも車体左側に来るように組みました。
DSCN0119 (1280x960)
DSCN0119 (1280x960) posted by (C)Nicky
もともとの状態だと、玉押しが右側、ステッカーが左側となっていたので、組み付ける際に逆にやり変えました。

苦手な玉押し調整をし、油汚れを落とし、きれいにふきあげて終了♪
DSCN0116 (1280x960)
DSCN0116 (1280x960) posted by (C)Nicky


~リア~


まずは、フリーボディを外します。
DSCN0121 (1280x960)
DSCN0121 (1280x960) posted by (C)Nicky
17mmのナットで固定されています。このナットは逆ネジになっているので要注意。(時計回りで緩む)

はい、外れました。
DSCN0122 (1280x960)
DSCN0122 (1280x960) posted by (C)Nicky
ナットを外すと、フリーボディは簡単に抜けます。
DSCN0123 (1280x960)
DSCN0123 (1280x960) posted by (C)Nicky
シャフトにはやはりグリスがぬられていませんので、後ほど全体的に薄めにぬります。

ラチェット部分です。
DSCN0124 (1280x960)
DSCN0124 (1280x960) posted by (C)Nicky
ベアリングと同じく白っぽいグリスがぬられていました。
ここも後ほどデュラグリスに入れ替えました。少し大目にグリスをぬりました。
ただ、グリスの入れすぎはダメです。爪がうまく引っかからずにペダルを回しても空転するなんてことになります。

外したフリーボディです。
DSCN0125 (1280x960)
DSCN0125 (1280x960) posted by (C)Nicky
中にシールドベアリングがあります。今回は手をつけていません。
ちなみにラチェット音は静かではありません。脚を止めるとジーと鳴りますが、爆音というほどではないように感じます。
マドンに使っているホイールのほうがうるさい(^^;
個人的には程よくなっていて結構好みです♪

ここから先はフロントと同じ方法で作業を進めます。
グリスを入れ替える前のベアリング。
DSCN0126 (1280x960)
DSCN0126 (1280x960) posted by (C)Nicky

全て組み付けて、きれいにふきあげて終了です。
DSCN0127 (1280x960)
DSCN0127 (1280x960) posted by (C)Nicky
これでメンテナンス(?)は終了です。


~スプロケ取り付け~


このホイールのフリーは11速対応のため、付属の10速用スペーサーを使う必要があります。
DSCN0138 (1280x960)
DSCN0138 (1280x960) posted by (C)Nicky

フリーボディにグリスをぬって、スプロケを取り付け。
DSCN0139 (1280x960)
DSCN0139 (1280x960) posted by (C)Nicky
今まで使っていた105のスプロケで、歯数構成は12-27。

スプロケに付属していたスペーサーは必要ありませんでした。
DSCN0140 (1280x960)
DSCN0140 (1280x960) posted by (C)Nicky

タイヤもはめました。左側のスポークの出方がすごい!
DSCN0141 (1280x960)
DSCN0141 (1280x960) posted by (C)Nicky
ちなみにクイックの向きが逆です(*´Д`)

スピードセンサー用のマグネットの位置を調整。
DSCN0142 (1280x960)
DSCN0142 (1280x960) posted by (C)Nicky
ちなみに100均の小さめのネオジウム磁石を自己融着テープ(ブチルテープ)で固定しています。

やっと完成(*≧∀≦)ノ
DSCN0143 (1280x960)
DSCN0143 (1280x960) posted by (C)Nicky


油で手は汚れるけど、なかなか楽しい作業でした。
ZONDAの玉押し調整の機構はやりやすくていいなと感じました。
やりたいこともできたので、大満足(。≧ω≦)
スポンサーサイト
[ 2014/08/17 14:33 ] 整備&メンテナンス | TB(0) | CM(5)

1日に2記事、珍しい~!
よっぽどヒ〇だったのかにゃ~笑

そういう面倒くさい作業(Nickyさんは楽しそうだけど)を、
私の場合はお店がやってくれてたってことなんだねー。
勉強になります。

ところでホイールにも向きがあるの?やっぱり。
[ 2014/08/18 09:21 ] [ 編集 ]

>なもさん

それはそれは○マでした~(´・д・`)
クーラー効いた事務所でボーっと過ごしていただけでした(^^;
次からはローラー台を持ってきたほうがいいかもしれませんw

そうそう、めんどくさい作業だけど、割りと楽しいです♪
構造が分かるのもまたいいんです(゚∇^*)

フロントホイールの向きはどうなんでしょうね(^^;
ぶっちゃけよく分かりませんw
実は、手組みホイールの職人さんがやっていることで、それをマネしただけなんですよ!
でも、ワーニングステッカーはリアホイールは左側についているはずなので、フロントもそれに合わせたということにもなります。
[ 2014/08/18 10:07 ] [ 編集 ]

ゾンダのグリスアップお疲れ様でした!
毎度のことながら、作業が丁寧ですね(^o^)

nickyさんはカーボンフレームだからチューブレスには興味がないのかもしれませんね。僕はアルミフレームだから、乗り心地が良くなると言われてるチューブレスには興味があります!だからアルテホイールを買ったんですけどね!
ただ、チューブレスタイヤは高い(^_^;)
なかなか手が出せないのが現状です(-_-)
いずれは履かせてみたいタイヤですね!
[ 2014/08/19 20:52 ] [ 編集 ]

>ashiさん

グリスアップ、お疲れました!w

チューブレス、高いですよね(^^;
チューブラーも高かったけど、探せば安いのはあったし。
実はこう見えても、アルミフレームにガチガチのホイール組み合わせて乗ってみたいな~なんて願望もあります♪
いろいろな選択肢があるけど、どこまで変化があるかも気になりますね!
ちなみに以前カーボンホイールをはいたときはチューブラーに11BARの空気圧で乗りましたが、意外と乗り心地がよくてビックリしました!

チューブレス、はかせたらどんなだったか教えてくださいね!

[ 2014/08/19 21:14 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2015/08/29 18:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nickybanjax.blog.fc2.com/tb.php/272-b8a43ea8







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。