カーボンフォークへ交換してみた♪

こんばんは☆

なんとフォークの交換をしました!
それまではもともとついていた、SR SUNTOURのSWINGフォーク。
12.3.2フォーク1
所謂、サスペンションフォークです。
サスのおかげで振動吸収性は抜群で乗り心地はよかったです。

ただ…

なんかペダルを漕いだときの推進力まで吸収されている感を感じていたので、フォーク交換をしてみようかと…。

そこで、どういうわけか目に付いたカーボン製フォークを衝動買い!!
12.3.2フォーク2
カーボンの目をアップでどうぞ♪
12.3.2フォーク3
いや~、いいですな~(笑

さっそく交換作業に入ります。
12.3.2フォーク4
とりあえず、ステムを外してしまえば、フォークは抜けます。

ブレーキ類を外して、グリスをきれいにふき取って、新旧比較です。
12.3.2フォーク5
ちなみに重量は…

1.6kg→0.7kg(フォークコラムカット前)!!

なんと1kg近くも軽量化されてしまいます!!
手で持っても明らかな差を感じます。
これはすばらしい!!

続いて、ヘッドからベアリングなどを外してきれいに洗浄します。
12.3.2フォーク6
もちろんヘッド内部もきれいにしておきました♪

そして、もとのフォークから玉押しを外します。
私の場合は、マイナスドライバーとゴムハンマーを使ってコツコツと気長にはずしました。
12.3.2フォーク7

外したベアリング類を戻し、ブレーキ類も取り付け、とりあえずの取り付け状態です。
フォークコラムがびよ~んと出てきます。
12.3.2フォーク8

完成が近づいてきてだんだんと気持ちがワクワクしてきます♪

飛び出たフォークコラムをカットするため、ペンでカットする位置をマーキングし、カットします。
カットには実家にあったパイプカッターを使いました。
ネットでカット方法をいろいろ探していたとき、パイプカッターはオススメしないと書いてありましたが、わざわざ買いに行くのが面倒だったのです(^^;
パイプカッターをマーキングしたところにあてて慎重にカットしました。
カット系の作業は気を使いますね(^^;
なんたって一発作業ですから…。
そして、カットした断面をやすりで内側・外側共に整えました。
12.3.2フォーク9
指で確認したときに滑らかになるようにしました。

お次はスターナットの圧入。
スターナットセッターを使って…
12.3.2フォーク10

やっぱり工具あると簡単&便利!
12.3.2フォーク11

ここでちょっとアクセントのブルーを採用♪
12.3.2フォーク12

そして、ボルト類をトルクレンチでチェックして、無事に完成です。
12.3.2フォーク13

ついでにヘッド周りのメンテもできたし、カーボンフォークにも交換できたしで大満足☆
あとは試乗を残すのみ!!

あと一つ作業が残っていてなかなか走りを楽しめないのでした…。

ちなみに、自転車を持ち上げたときにあきらかに軽さを感じるようになりました!
当たり前だけど、フロント!
いつもと違ってひょいと持ち上がります。

走りに行きたい気持ちを抑えつつ、片付けをしていました(^^;



ながくなりましたが、今日もありがとうございました♪
にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2012/03/02 21:05 ] Louis Garneau RAC DT(2011) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nickybanjax.blog.fc2.com/tb.php/34-9e90c346