【備忘録】マドン:Selle SMP Composit セッティングデータとまとめ

《2017.6.8》
50km走ってみて、座った瞬間からのフィット感がかなりよかった。
パッド無のサドルなのにフィット感のおかげかそれを感じさせない。
疲れてくると痛む時があるが、とりあえず、ある程度の調子でペダリングしてれば大丈夫。
あとは段差のときは尻を浮かせて衝撃逃がせば大丈夫。


ただ試してみたいと思って衝動買いのSelle SMP composit
2017.6.10SMPまとめ1
オークションで購入の為、たまたまリミテッドエディション。白黒のツートンがピエロみたい。

《取付位置》
2017.6.10SMPまとめ2
SMPのメモリは新品だろうといつも薄いというか消えかかっている。今回も例に漏れず。座る位置がSelle Italia Super Flowと同じ位置になるように調整。前後位置が確定したらテープでも巻いて印をつけようと思う。

《角度》
2017.6.10SMPまとめ3
基準値である水平。

取り付け後のマドン。
2017.6.10SMPまとめ4

このcompositには坐骨が来るところあたりに独特の窪みがある。
2017.6.10SMPまとめ5
これもフィット感に貢献しているのかも。
たしか、同じSMPでもFormaとかにはこの窪みがなかったはず。

《座った感じ》
うまくいけばかなりのフィット感(ホールド感)が得られる。
ただ座る位置はほぼ一点。前後にずらすことが多い人は多分合わない。
上りのシッティングではしっかりお尻を支えてくれる頼もしさがある。
ちなみにサドルのしなりは期待しない方がよさそう…。手でグイグイ押してみた感じでは全くそんなものは感じれなかった…。

《まとめ》
実は過去にSelle SMPは『Dynamic』と『Drakon』と『Lite209』を使ったことがあります。
どれも、痛みに耐えれなくて手放しました…。
それでの今回のCompositoは一発でセッティング完了か?!と思えるほど、フィット感がありました。

勝手な推測で自分の坐骨幅とサドルの幅が関係してるのではないかと思いました。
各モデルのサドル幅をHPで調べてみると…
・Composit → 129mm
・Dynamic → 138mm
・Drakon → 138mm
・Lite209 → 139mm

Compositだけが9~10mm幅が狭いのです。
ちなみに私の坐骨幅は簡易計測で110mm。
そもそも坐骨幅に対するサドルの選び方が間違っていたのではないかと…。
今更試そうとも思いませんが、恐らくサドル幅137mmのFormaは合わないのではないかと思います。
ただ、Compositにパッドを付けたBlasterというのが出ていて、これは試してみたいです。
ちなみにBlasterのサドル幅は131mm。
今更、坐骨とサドルの幅の関係をしっかり考えるとは思いませんでした。

スポンサーサイト
[ 2017/06/10 22:35 ] 整備&メンテナンス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nickybanjax.blog.fc2.com/tb.php/349-3028d26b