IDIOM、ドロップハンドル化後の試走

先日、ドロップハンドル化したIDIOM。
通勤等も含めて何度か試走してきました。
2017.8.17IDIOM試走1

新型クラリスR2000シリーズもなかなか操作性が良かったです。
2017.8.17IDIOM試走3
さすがにマドンに搭載しているアルテグラには及ばないけど、グレードと価格を考えれば十分!
でも、シフトダウンするとき、レバーをけっこう押し込まないといけないので、そこがちょっと気になるところですね。

ディズナのバンディーバーはかなりのコンパクトハンドルなのでブラケットポジションからドロップ部分に姿勢を変えてもそこまで違和感はありません。
2017.8.17IDIOM試走2

走り出したすぐ感じたのは今まで窮屈だと思っていたポジションが適正化されてずいぶんと乗りやすくなりました。
やはり個人的にフラットバーよりドロップハンドルが好きだなと感じました。
あとは乗りながらハンドルの角度とかを検討してみたいと思います。

試走した日もなかなかの猛暑日。
2017.8.17IDIOM試走4
日陰のサイクリングロードはいいけど、松林を抜けると一気に暑さに襲われます。

ローアングルから撮影してみました。
2017.8.17IDIOM試走5
日差しが強いので、さっさと移動します。

いつもは素通りする池を眺めてみると、コイと亀がいました。
2017.8.17IDIOM試走6
こっちによって来るところをみると誰かが餌やりをしているのかもしれませんね。

なんとなく撮影。
2017.8.17IDIOM試走7
ドロップハンドル化したことで走りやすくなり楽しさも倍増しました。
ただ、気になるのはミニベロ×フルアルミフレームからくる突き上げ感です。
段差が分かっているときは前もって対応できるからいいとしてもけっこう気になります。
ちょっと対応策を考えてみます。

さて松林を抜けてここからさきは厳しい日差しが続くので折り返します。
2017.8.17IDIOM試走8

ドロップハンドル化は大成功でした。
IDIOMがより楽しく走れる自転車になりました♪
スポンサーサイト
[ 2017/08/30 11:26 ] GIANT idiom2(2016) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nickybanjax.blog.fc2.com/tb.php/363-f883372e