スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ライトの配線を直す

こんばんは☆

最近、愛用のライトが突然つかなくなってしまいました…orz

ちなみに愛用のライトはココ:Magic Shineのものです↓↓
http://magicshine.com/product.asp
1000ルーメンという超安心な明るさをもつライトです。
とても明るくて夜も安心なんですが、バッテリーが本体とは別となるためほんの少しわずらわしさもあります(^^;

そんな愛用のライトが使えなくなるのはかなり困ります…。

一応、別にIPFのライトももっています。
http://www.ipf-bike.com/head.html
メーカーは明るいことを売りにしていますが、はっきり言って大したことはありません。
照射イメージなんて「いやいやいや…」と突っ込みたくなります。
昼間のセーフティライトとしては使えるんですけどね(^^;

まぁ、比較対象が1000ルーメンのライトだからしょうがないかもしれません。
スピードも15kmくらいまでなら使えるかな、っていう感じです。

さてさて、脱線しましたが…

ライトが点灯しなくなった原因はきっと配線の根元の部分だろうとよそうしていました。
というのも、使わないときはバッテリーとライト本体の線をこまめにつけはずししていたので、そこに疲労がたまったのだと考えていました。

ということで、さっそく剥いてみましょう。
12.4.13配線修理1
案の定、マイナス側の配線が外れています。
単に半田付けしてあるだけなので、半田ごてをひっぱりだしてきて、サッと作業。
12.4.13配線修理2
ちょっと半田の量を増やして完成です。
配線の扱いには気をつけなければなりませんね(^^;

おかげでライトも復活して夜も安心して自転車に乗ることができるようになりました♪

やはりライトは明るいほうが安心して夜も乗れます☆

それにしてもIPFのライト、ほとんど使い道がなくなってしまってるなぁ…。


それでは、今日はこのへんで…

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2012/04/13 21:44 ] 整備&メンテナンス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nickybanjax.blog.fc2.com/tb.php/44-4ffec44e







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。